冷媒市場、2021年から2026年にかけて約7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

冷媒市場は、2020年に215億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は約7%のCAGRで成長すると予想されています。

冷媒とは、液体と気体の化学的混合物で、冷凍サイクルやヒートポンプの冷却剤として機能します。家庭用、商業用、自動車用など、さまざまな分野の冷凍庫やエアコンによく使われています。相転移の概念を利用しており、調整可能な動作温度で液体から気体へ、またはその逆へと変化します。凝縮、圧縮、蒸発、膨張などの一次的なソリューションとして、または熱エネルギーをある媒体から別の媒体に輸送する二次的なソリューションとして使用することができます。

市場の成長要因

冷媒市場を牽引している主な要因としては、家庭用電化製品分野の急速な成長と家庭用エアコンの需要増加が挙げられます。エネルギー需要の増加に加え、冷媒の環境への悪影響に関する意識の高まりにより、家庭用および産業用の分野でエネルギー効率の高い冷却システムの開発が進んでいます。これに伴い、冷媒ガスの組成も大きく変化しています。例えば、従来、冷媒にはCFC(クロロフルオロカーボン)が使用されていましたが、オゾン層破壊の恐れがあるため、より環境に優しいとされる二酸化硫黄やアンモニア、非ハロゲン系炭化水素などに置き換えられつつあります。これに加えて、自動車の空調システムの需要が増加していることも、市場をさらに押し上げる要因となっています。さらに、コールドチェーン市場における深型冷凍機や冷蔵庫の需要の増加は、食品・飲料業界における冷媒の需要を増大させています。その他の市場成長要因としては、急速な工業化やインフラの整備、生活水準の向上などが挙げられます。

主要な市場区分

世界の冷媒市場は、製品タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・フルオロカーボン

・無機系

・ハイドロカーボン

・その他

アプリケーション別の市場構成

・商業用

・工業用

・国内

・その他

地域別の市場構成

・欧州

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の冷媒市場における主要企業としては、ハネウェル社、ダイキン社、アルケマ社、東岳グループ、ケムール社、メキシケム社、シノケム社、エア・リキード社、旭硝子社、リンデ社、SRF社、グジャラートフロロケミカルズ社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]