ナフサ市場、2026年に3億4,960万トン規模到達見込み

市場の概要

ナフサ市場は、2020年に3億1,310万トンの規模に達しました。今後、2026年には3億4,960万トンに達すると予想されています。

ナフサは、無色で可燃性があり、非常に揮発性の高い、汎用性の高い炭化水素混合物です。ナフサは、コールタール、石油、木材、頁岩などの有機物を蒸留することで生成されます。ナフサは、その組成や原料によって、ウッドナフサ、ペトロリソース、コールタールナフサ、シェライト、ホワイトガスなど様々な名称で呼ばれています。ナフサには、精製工程や炭化水素構造の違いにより、軽質ナフサと重質ナフサの2つの組成があります。軽質ナフサは石油化学のスチームクラッカーで重要な役割を果たし、重質ナフサは燃料の性能を向上させるために製油所の触媒改質器でよく使用されています。この他にも、洗浄液、携帯用ストーブの燃料、ガソリン、塗料など、様々な用途に使用されています。

市場の推進要因

オレフィンを多く含むナフサは、経済的な高オクタン価の燃料生産のための原料として使用されています。急速な都市化と世界人口の増加により、費用対効果の高い燃料への需要が高まっており、発展途上国と先進国の両方でナフサの消費量が増加しています。

石油化学業界では、ナフサはベンゼン、ブタジエン、エチレン、トルエン、プロピレンなどの芳香族やオレフィンの製造に使用されています。この産業の継続的な成長が、ナフサ市場の成長を維持するために積極的に貢献しています。

ナフサ由来の成分は、さまざまなプラスチック、工業化学品、合成繊維の前駆体などに使用されます。ナフサ由来の成分は、様々なプラスチックや工業薬品、合成繊維の前駆体などに使用されており、これらの最終製品の使用量が世界的に増加していることが、ナフサの魅力的な市場を形成しています。

技術の進歩により、先進的な炉材や高度な蒸留プロセスが登場しています。これに加えて、特にアジア太平洋地域における化学工業の拡大が、ナフサの消費をさらに押し上げています。

主要な市場区分

世界のナフサ市場は、用途別と地域別に分類されています。

用途別の市場構成

・石油化学用原料

・ガソリンブレンディング

・その他

これらの中では、石油化学用原料が市場を支配しており、市場全体の過半数のシェアを占めています。

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

世界のナフサ市場では、プラスチックの消費量が増加しているアジア太平洋地域がトップに立っています。アジア太平洋以外の主な地域は、欧州、北米、中東・アフリカ、ラテンアメリカです。

市場の競合状況

世界のナフサ市場における主要な企業は、以下の通りです。

BP

シェブロン

ExxonMobil

ロッテ・ケミカル・コーポレーション

Mangalore Refinery and Petrochemicals Limited

OAO Novatek

SABIC

シェル・ケミカルズ

シノペック

Total S.A.

ヴィトール

三菱化学

リライアンス・インダストリーズ・リミテッド

インディアン・オイル・コーポレーション

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]