ナノコーティング市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

ナノコーティング市場は、2020年に56億米ドルの規模に達しました。ナノコーティングとは、非常に微細で薄い高分子化学物質の層を指し、基材の表面に特定の化学的・物理的特性を付与するために使用されます。これには、耐腐食性、耐摩耗性、硬度、潤滑性、透明性、延性などが含まれます。ナノコーティングは、数ミクロンの小さなスケールで保護膜を形成することで、表面の疎水性や疎油性の特性を変化させるために主に使用されます。ナノコーティングは、原子の構成要素を用いたプロセスにより、非常に精密に製造することができます。原子を制御しながら堆積させて、表面のあらゆる特徴に均一に適合する層を作ります。その優れた物理的・化学的特性により、ナノコーティングの世界的な需要は、建設、食品、医療、自動車、電子機器などの業界で堅調に伸びています。今後5年間、世界のナノコーティング市場は力強い成長を遂げると予測されています。

市場の推進要因

ナノコーティングは、温度変化への耐性を提供し、その結果、航空機、セラミックタイル、ガラス窓、自動車など、温度変化や厳しい気候条件の影響を受ける製品に普及しています。

ナノコーティングは、肉眼では認識できない無色透明の保護膜を提供します。これにより、製品の美的外観が維持され、製品の自然な光沢と透明性が保たれます。また、ナノコーティングされた製品には汚れがつきにくいですが、ごくまれにホコリなどの異物が付着しても、簡単に洗浄することができます。

ナノコーティングは、紫外線(UV)からの保護や耐摩耗性を提供することができます。これにより、製品の寿命が大幅に延びるため、自動車の塗装面の保護に最適です。

また、ナノコーティングは耐腐食性も備えているため、適用される金属の耐久性と寿命を向上させることができます。例えば、ナノコーティングは、腐食の影響を非常に受けやすい航空機の部品によく適用されます。

ナノコーティングは、従来のコーティングと比較して、粘着性がなく、より衛生的です。バクテリアや微生物の繁殖を防ぎます。ナノコーティングを施した自動車は、その輝きを保つためにワックスをかける必要がありません。さらに、環境にやさしく、毒性がなく、通気性があるため、湿気やカビを防ぐことができ、さまざまな製品に効果的に使用することができます。

主要な市場区分

製品タイプに基づいて、市場は抗菌、防指紋、防汚、清掃容易、セルフクリーニングに分類されています。

最終用途に基づいて、市場は建設、食品包装、ヘルスケア、エレクトロニクス、自動車、海洋、その他に分類されています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。

市場の競合状況

ナノコーティング市場における主要な企業としては、BASF、バイオゲート、Buhler、Nanogate、PPG Industries、AdMat Innovations、Cima NanoTech、CG2 NanoCoatings、Cleancorp、Ecological Coatings、Eikos、Inframat、Integran Technologies、Nanofilm、Nanomech、Nanovere Technologies、Nanophase Technologies、P2i、Surfix、Tesla NanoCoatingsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]