マルチクッカー市場、2021年から2026年にかけて9.50%のCAGRで成長見込み

市場の概要

マルチクッカーは、自動調理に使用される最新の電気家庭用機器です。マルチクッカーは、内釜、蓋、温度・圧力センサー、コントロールパネル、凝縮水コレクターなどの様々な部品で構成されています。煮る、焼く、煮る、炒める、焼く、蒸す、ヨーグルトを作るなど、多機能な調理器です。マルチクッカーは、調理に使用する油脂の量が少ないため、食品のカロリーを減らし、健康的な食生活を促進します。マルチクッカーは、その利便性から、電子レンジ、コンロ、オーブン、フライヤー、パン焼き器、フライパンなどの台所用品に取って代わりつつあります。世界のマルチクッカー市場は、2020年に7億2,000万米ドルの規模に達しています。

肥満の増加に伴い、消費者は健康や食生活への意識を高め、新しい調理法や健康的な生活習慣を求めるようになっています。これにより、マルチクッカーの市場は世界的に成長すると予想されます。さらに、あらゆる分野における技術の進歩と自動化に伴い、消費者は手動からマルチクッカーなどの電気製品に急速に切り替えつつあります。さらに、消費者の高い可処分所得、ライフスタイルの向上、メーカーによる革新的な製品の提供やキャンペーンなども、世界のマルチクッカー市場の全体的な成長を促進する要因となっています。2021年から2026年にかけて、世界のマルチクッカー市場は9.50%のCAGRで成長すると見込まれています。

主要な市場区分

製品タイプ別では、丸型マルチクッカーが最も人気のある製品タイプを示しています。その他の主要なセグメントには、立方体とその他があります。

用途別では、家庭用、レストラン、その他に分かれています。現在のところ、家庭用が最大のアプリケーションセグメントとなっています。

流通チャネル別では、電気製品小売店、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、デパート、家庭用品店、オンラインショップ、その他に分類されます。これらの中では、電気製品小売店が圧倒的なシェアを誇っています。

地域別では、北米が主要市場であり、市場シェアの大半を占めています。北米に続いて、欧州、アジア太平洋地域があります。その他の主な地域は、中東・アフリカ、ラテンアメリカです。

市場の競合状況

世界のマルチクッカー市場における主要な企業としては、Philips、Morphy Richards、KitchenAid、Fagor、Breville、Tefalなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]