ムコン酸市場、2021年から2026年にかけて7.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ムコン酸市場は、2020年に9,010万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は7.3%のCAGRで成長すると予想されています。

COOHと表記されるムコン酸は、天然に存在する化合物であり、ソルビン酸とその塩を原料としています。ムコン酸は、2つのカルボキシル官能基を持つジカルボン酸です。アジピン酸やカプロラクタムなどのムコン酸の誘導体は、PETなどのポリマー、カーペット、繊維、潤滑油、プラスチックなどの様々な製品の製造に使用され、さらに缶、箱、ペットボトル、パウチなどの製造の一次原料として使用されます。また、ムコン酸のバイオ生産は、ポリウレタン、ナイロン66、ポリエチレンテレフタレートなど、多くの消費者向けバイオプラスチックの生産を目的としたプラットフォームの形で使用することができます。

繊維産業はムコン酸の主要なエンドユーザーであり、特に新興国での個人消費の増加により、緩やかな成長が見込まれています。これは、世界のムコン酸市場にプラスの影響を与えると予想されます。さらに、ムコン酸は主にプラスチックの製造に使用され、容器、袋、フィルムなどの多くの製品の製造に利用されています。パッケージ製品の需要の高まりは、世界のプラスチックパッケージ産業を牽引すると期待されています。さらに、化学、自動車、製造業などの最終用途での潤滑油の需要も大幅に増加しています。このことも、ムコン酸の世界的な需要にプラスの影響を与えると考えられます。

主要な市場区分

世界のムコン酸市場は、誘導体、用途、地域に基づいて分類されています。

誘導体別の市場構成

・アジピン酸

・カプロラクタム

・その他

用途別の市場構成

・カーペット・テキスタイル

・プラスチック

・潤滑油

・その他

現在、カーペットとテキスタイルが最大の用途となっています。

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のムコン酸市場における主要な企業としては、Myriant Corporation、Santa Cruz Biotechnology、Merck、Deinove、Amyris、Sigma-Aldrich Corporation、Dynacare、Thermo Fisher Scientific、Zhongxing Flavors & Fragrance、TCI、Alfa Aesar、Toronto Research Chemicalsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]