玩具・ゲーム市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

玩具・ゲーム市場は、2020年に984億米ドルに達しました。玩具・ゲームは、ガラガラ、人形、玩具の車から、なわとび、ボードゲーム、ジグソーパズルまで、さまざまな遊び道具です。玩具・ゲームには、子どもの総合的な成長を促す本質的な価値があります。玩具は、子どもたちが自分の感情を表現したり、創造性を高めたりするのに役立ちます。一方、ゲームはストレス解消に最適で、認知能力、身体能力、社会性を向上させるのに役立ちます。近年、インタラクティブで多機能な玩具やゲームの人気が高まっており、玩具・ゲーム業界に大きな影響を与えています。

また、アニメやテレビ番組、映画などの人気キャラクターをモチーフにした玩具やゲームの販売が拡大しており、市場の成長を後押ししています。さらに、世界の人口は、現在の76億人から2030年には96億人以上に増加すると予想されています。人口の増加に加え、可処分所得の継続的な増加は、世界の玩具・ゲーム市場にとって強力な触媒となることが予想されます。さらに、子供以外にも、特にアクションフィギュアやアクセサリーなどの分野では、年配の消費者が玩具・ゲームの販売を牽引すると予想されます。 玩具やゲームの需要を促進しているその他の要因としては、無料で遊べるゲームの採用、教育的・科学的な玩具の人気の高まり、環境に優しい玩具の需要の高まりなどが挙げられます。今後5年間、世界の玩具・ゲーム市場は緩やかな成長を遂げると見込まれています。

主要な市場区分

製品タイプ別では、ぬいぐるみ、幼児・未就学児用玩具、アクティビティトイ、人形、ゲーム・パズル、ライドオン、その他に分類されています。

流通チャネル別では、専門店、スーパーマーケット・ハイパーマーケット、デパート、オンラインショップ、一般店に分かれています。これらの中では、専門店が最大のセグメントとなっています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに分かれています。北米が最大のシェアを占めています。

市場の競合状況

世界の玩具・ゲーム市場における主要な企業としては、Hasbro社、Mattel社、Ravensburger社、Tomy社、The Lego Group社、Funtastic社、JAKKS Pacific社、Lansay社、LeapFrog Enterprises社、MGA Entertainment社、Playmates Toys社、ToyQuest社、Vivid Imaginations社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]