テストおよびコミッショニング市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

テストおよびコミッショニング市場は、2020年には2,086億米ドルに達しています。テストおよびコミッショニング(TIC)とは、サービス、インフラ、製品が品質や安全性の面で義務づけられた規制や基準を満たしていることを確認するために実施される一連の手続きを指します。これらのプロセスには、現場または実験室での試験、書類のチェック、データの一貫性の検証、管理プロセスの監査、サプライチェーン全体での検査などが含まれます。テストおよびコミッショニングは、民間または公的機関、または購入者やエンドユーザーのいずれかに代わって、利害関係者とは無関係に、あるいは製造者の要請に応じて実施することができます。これらの手続きは、サプライチェーン全体で必要とされ、すべての産業で有効です。近年、貿易のグローバル化に伴い、製品の品質に影響を与える複雑なサプライチェーンが出現し、テストおよびコミッショニングプロセスの改善に対する要求が高まっています。

ここ数年、物理的または手動の手順に代わって、統合型センサー、予知保全、デジタル検査が登場しています。これにより、市場関係者は、デジタル処理の改善やビッグデータを採用してさまざまな情報源から情報を収集することで、エンドユーザーに高品質のテストおよびコミッショニングサービスを提供できるようになりました。さらに、新規および改正された規制の実施により、自主的なリスク管理アプローチから強制的なテストサービスへと大きく変化しています。さらに、中国などの発展途上国では、買収や合併の件数が増加しており、新たな税制、文化、法制度を含む取引と相まって、この業界は成長を遂げています。例えば、2019年には、フランスを拠点とする試験・検査・認証サービスプロバイダーであるビューローベリタスが、中国を拠点とする食品試験・認証会社であるShenzhen Total-Test Technologyを買収しました。世界のテストおよびコミッショニング市場は、今後5年間で緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分

サービスタイプ別の市場構成

・テスト

・認証

・コミッショニング

現在、製品の品質に対する懸念が高まっていることから、テストが最も人気のあるサービスタイプとなっています。

コミッショニングの種類別市場構成

・イニシャルコミッショニング

・レトロコミッショニング

・モニタベースコミッショニング

現在、初期コミッショニングが市場シェアの半分以上を占め、最大のセグメントとなっています。

ソーシングタイプ別の市場構成

・インハウス

・アウトソーシング

現在、最も好まれているソーシングタイプはインハウスです。しかし、エンドユーザーの間では、アウトソーシングも人気を集めています。

エンドユーズセクター別の市場構成

・建設

・工業

・消費財

・ライフサイエンス

・石油・ガス

・食品・農業

・海洋・オフショア

・輸送・航空宇宙

・エネルギー・電力

・化学

・その他

現在、エンドユーザーのトップは建設業です。このサービスは、建設プロジェクトのすべてのシステムやコンポーネントが、関係当局の運用要件を満たしているかどうかを確認するために使用されます。

地域別の市場構成

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

現在のところ、欧州が最大の市場であり、市場全体の大半を占めています。これは、同地域で生産される製品の品質と安全性を確保するために、導電性の生産環境やサプライチェーンの維持・監視が重視されていることに起因しています。

市場の競合状況

テストおよびコミッショニング市場の競合状況については、SGS SA、Bureau Veritas SA、Intertek Group plc、DEKRA SE、TUV SUD AGなどが主要なプレイヤーとして挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]