テレビ広告市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

テレビは、世界で最も普及しているメディアの一つであり、約16億世帯に1台以上のテレビが設置されています。テレビが普及していることで、大企業から中小企業まで、広告の選択肢として選ばれています。テレビは、動き、色、音声を駆使して、視聴者に強い説得力のあるメッセージを送ることができます。また、オーディオ・ビジュアル効果は、広告のサービスや視聴者に応じて、長期的かつ感情的なインパクトを与えるのに役立ちます。世界のテレビ広告市場は、2020年には2,780億米ドルの規模に達しました。

新しいメディアプラットフォームとの競争にもかかわらず、テレビは今後も最大の広告分野であり続けると予想されています。さらに、ラテンアメリカ、東欧、アフリカ、中東、中国、インドなどの新興市場でのテレビの普及率が高まっていることも、これらの地域のテレビ広告市場を牽引し、世界のテレビ広告市場全体の成長を促進するものと考えられます。今後5年間、世界のテレビ広告市場は緩やかな成長を遂げると見込まれています。

主要な市場区分

サービスタイプ別では、現在、市場を支配しているのは地上波テレビネットワークで、世界全体のシェアの大半を占めています。地上波テレビネットワークに続いて、多チャンネルテレビとオンラインテレビのセグメントがあります。オンラインテレビは、現在最も急速に成長しているセグメントです。

主要地域別では、現在、テレビ広告の最大の地域は北アメリカです。その他の主要地域は、アジア太平洋地域、西ヨーロッパ、ラテンアメリカ、東ヨーロッパ、中東・アフリカです。

市場の競合状況

世界のテレビ広告市場で活動している主要なグローバルプレイヤーとしては、CBS、コムキャスト、ニューズ・コーポレーション、バイアコム、コックス・コミュニケーションズなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]