砂糖市場、2026年に2億210万トン規模到達見込み

砂糖市場は、2020年に1億9,320万トンの規模に達しました。今後、2026年には2億210万トンに達すると予想されています。

砂糖は、サトウキビやテンサイから作られる甘い結晶性の物質です。砂糖は、世界中で無数の食品および非食品用途に使用されています。砂糖は、甘味を提供するだけでなく、食品産業においてさまざまな役割を果たしています。砂糖は防腐剤として使用され、微生物の発生を防ぎます。また、アイスクリームなどの冷凍食品では、大きな氷の結晶ができるのを防ぐのにも使われます。また、砂糖は酵母を使った製品の発酵を促進します。さらに、ベーカリー製品の水分保持や硬さの防止にも使用されています。

市場の成長要因

砂糖は、代替品と比べて経済的で入手しやすいです。社会経済的な年齢層を問わず消費され、コンビニエンスストア、デパート、スーパーマーケット、ハイパーマーケットなど様々な小売形態で世界中で簡単に入手できます。

世界の食品・飲料業界は、景気の変動による景気後退の影響を比較的受けにくいです。そのため、過去数年間、この分野は安定した成長を遂げてきました。現在、食品・飲料業界は砂糖消費の主要な推進力となっており、砂糖業界に好影響を与えることが期待されています。さらに、市場の成長は長期的に続くと予想されています。

砂糖は、医薬品やスキンケアの分野でも多くの用途があります。医薬品分野では、抗生物質や咳止めシロップの製造に使用されています。一方、スキンケア分野では、砂糖の角質除去効果を利用して、スクラブの製造に使用されています。

砂糖市場は、北米や西欧などの先進国では飽和状態が続いていますが、新興地域では有望な成長を見せています。可処分所得の増加、都市化、食習慣の変化などを背景に、インド、中国、中東などの新興市場では、砂糖を使った製品の需要が大きく伸びています。

世界の砂糖生産量の大部分はサトウキビによるもので、残りはテンサイによるものです。砂糖の原料は世界中で入手可能であり、ほぼすべての熱帯・亜熱帯地域で栽培されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]