スタイラスペン市場、2021年から2026年にかけて10.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

スタイラスペン市場は、2020年には約120億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は10.3%のCAGRで成長すると予想されています。

スタイラスペンとは、先端が柔らかく丸いゴム製のペン型デバイスで、スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどのタッチスクリーンデバイス上でスムーズに動くものです。外見は通常のペンに似ていますが、タッチまたは圧力によって動作します。細いタッチポイントを備えているため、ユーザーは汚れのないクリックやスワイプを楽しむことができ、画面の視界を妨げず、小さなタッチポイントの精度を高めることができます。近年、タッチスクリーンを搭載した機器の生産量が増加していることから、スタイラスペンがマウスやトラックパッドなどのハードウェアポインティングデバイスに取って代わるケースが増えています。

市場の成長要因

様々な分野における技術の進歩に伴うデジタル化の進展は、市場成長の主な要因の一つです。例えば、教育分野ではデジタル化が進み、スマートクラスやインタラクティブ・ホワイトボード(IWB)の時代が到来していますが、スタイラスペンはその中でも重要な役割を果たしています。従来の教育方法よりもオンラインでの授業やトレーニング方法が好まれるようになったことで、スタイラスペンの需要が高まっています。さらに、デジタルアート作品の作成にデジタルペンが使用されるようになったことで、教育および関連分野におけるスタイラスペンの需要がさらに高まっています。さらに、タブレットやスマートフォンの技術開発により、使いやすさを追求したスタイラスペンの需要が拡大しています。また、可処分所得の増加に伴う消費者の支出能力の向上などの要因も、市場の成長を促しています。

主要な市場区分

世界のスタイラスペン市場は、製品タイプ、流通チャネル、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・抵抗膜式スタイラス

・静電容量式スタイラス

・アクティブスタイラス

流通チャネル別の市場構成

・オンライン

・オフライン

アプリケーション別の市場構成

・スマートフォン

・タブレット

・インタラクティブ・ホワイトボード

エンドユーザー別の市場構成

・OEM

・小売

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]