大豆油市場、2026年に6,750万トン規模到達見込み

市場の概要

大豆油市場は、2020年に5,730万トンの規模に達しました。将来的には、2026年には6,750万トンに達すると予想されています。

大豆油とは、大豆の種子から抽出される透明な黄色の植物油のことです。大豆油には、ビタミン、タンパク質、脂肪酸、植物ステロールなどの必須栄養素が豊富に含まれています。その結果、大豆油は、免疫力の向上、骨粗しょう症の予防、心臓の健康管理、肌や目の健康、コレステロール値の低下、認知障害の脅威の軽減などに役立ちます。大豆油は、そのニュートラルな味、高い煙点、ごくわずかな飽和脂肪を含むことから、長年にわたり、家庭やレストランでの調理に好んで使用されています。

市場の推進要因

大豆油の需要を世界的に押し上げている主な要因の一つは、その手頃な価格です。大豆油は、オリーブ油、カノーラ油、ココナッツ油、落花生油などの他の食用油に比べて比較的安価です。そのため、価格に敏感な市場、特に発展途上国では絶大な人気を誇っています。

最近では、肥満や高コレステロール、循環器系疾患などの健康状態に悩む消費者が、大豆油を食卓に取り入れています。また、健康志向の高まりにより、調理済み製品から家庭料理への移行が進んでおり、これが大豆油市場の成長を促進しています。

大豆油は、健康に良いだけでなく、様々な機能性を持っているため、食品や非食品の様々な用途に使用されています。食品業界では、大豆油はソース、ドレッシング、マーガリン、ショートニング、マヨネーズ、ポテトチップス、ノンデイリークリーマー、ホイップトッピングなどに使用されています。一方、非食品業界では、大豆油は樹脂、コーキング、マスティック、プラスチック、バイオディーゼル、殺虫剤、動物飼料の製造に利用されています。

大豆油は、中国から米国まで様々な国で生産されています。大豆油は比較的安価で入手しやすいことから、様々な産業用途において、石油化学製品や既知の発がん性物質に代わる持続可能な材料となっています。

主要な市場区分

世界の大豆油市場は、最終用途別及び地域別に分類されています。

最終用途別の市場構成

・食品

・飼料

・産業用

大豆油の最終用途としては、現在、食品産業が最大で、次いで飼料、工業用となっています。大豆油は主に揚げ物や焼き物、サラダなどの調味料として使用されます。

地域別の市場構成

・中国

・アメリカ

・ブラジル

・ヨーロッパ

・アルゼンチン

・インド

・その他

地理的には、人口が増加し続けている中国が世界の大豆油市場でトップの地位を占めています。大豆油は、豆腐、味噌、テンペ、魚の煮付け、豚バラ肉の唐揚げなどの料理に広く使われています。次いで、米国、ブラジル、アルゼンチン、欧州、インドの順となっています。

市場の競合状況

世界の大豆油市場で活動している大手企業は以下の通りです。

・ADM

・バンジー

・Cargill

・Louis Dreyfus

・ウィルマー

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]