大豆食品市場、2021年から2026年にかけて5.2%のCAGRで成長見込み

市場の概要

大豆食品市場は、2020年に421億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は5.2%のCAGRで成長すると予想されています。

大豆は東アジア原産のマメ科植物の一種で、飽和脂肪酸は少ないが、タンパク質、ビタミンC、葉酸を多く含んでいます。また、鉄分、食物繊維、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、オメガ3脂肪酸を多く含んでいます。その栄養価の高さから、血中コレステロール値の低下、骨密度の増加、癌の発症リスクの最小化など、様々な健康効果が期待できます。また、肉の代替として様々な料理に使用されており、ヴィーガン向けの食品にも使用されています。植物性食品への需要の高まりは、世界全体の大豆食品市場の成長を促進しています。

大豆は、豆乳、大豆粉、豆腐、たまり、テンペ、枝豆、味噌、納豆、照り焼きなど数多くの製品の調製に使用されます。現在、豆腐の需要は世界中で高まっており、特にヴィーガンやベジタリアンの人々の間で注目されています。豆腐は、乳糖不耐症の消費者が消費できる、チーズの優れた代替品です。豆腐の売上が伸びているのは、その形状、色、味、食感が肉に似ているからだと考えられます。この他、スナックや飲料などの大豆食品も、消費者の健康意識の高まりを受けて、世界的に需要が着実に伸びています。さらに、メーカーは製品ポートフォリオを拡大し、新しい消費者を惹きつけるために、研究開発活動に投資して新しいタイプの大豆食品を導入しています。

主要な市場区分

世界の大豆食品市場は、製品タイプ、カテゴリー、流通チャネル、最終用途、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・テクスチャード・ベジタブル・プロテイン(TVP)

・豆乳

・大豆油

・豆腐

・その他

カテゴリー別の市場構成

・オーガニック

・コンベンショナル

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・百貨店

・コンビニエンスストア

・オンライン

・その他

最終用途別の市場構成

・乳製品の代替品

・肉の代替品

・ベーカリー&コンフェクショナリー

・機能性食品

・乳児栄養

・その他

地域別の市場構成

・アジア太平洋

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の大豆食品市場における主要な企業としては、Blue Diamond Growers、Dean Foods、Earth’s Own Food Company、Eden Foods、Freedom Foods Group、Harvest Innovations、House Foods America Holding、Archer Daniels Midland、Miracle Soybean Food International Corp、Cargill、Nordic Soya Oy、Victoria Group、Hain Celestial、Adisoy Foods & Beverages Pvt.Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]