ソルビトール市場、2021年から2026年にかけて5.2%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ソルビトール市場は、2020年に262万トンの数量に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は5.2%のCAGRで成長すると予想されています。

グルシトールとしても知られるソルビトールは、白色で無臭の結晶性粉末で、ショ糖の約50〜60%の甘味を持っています。自然界では、リンゴ、モモ、プラム、ナシ、アプリコットに比較的高い濃度で含まれています。ソルビトールは、不揮発性、不燃性、非腐食性のポリオールで、化学的に不活性であり、賦形剤との相溶性があります。ソルビトールは、グルコースとコーンシロップを電解還元することで製造されています。これらの化学的・物理的特性により、ソルビトールは、歯磨き粉、トイレタリー製品、化粧品、菓子、スイーツ、冷菓、ビスケット、アスコルビン酸、工業用界面活性剤、医薬品、ヘルスケア製品の製造に広く使用されています。

市場の動向

国際糖尿病連合によると、2019年には約4億6,300万人の成人が糖尿病を患っていました。この疾患の有病率の増加に伴い、糖尿病食の製造においてソルビトールなどの人工甘味料の需要が増加しています。これに加えて、ソルビトールはその様々な機能的特性のために、湿潤剤、甘味料、増量剤、安定剤、軟化剤、乳化剤として様々な産業で利用されています。例えば、食品業界では、食品の乾燥や老化を防ぎ、製品の保存期間を延ばすために添加されるほか、糖分の沈殿を効果的に防ぐために使用されます。一方、ソルビトールは、湿式造粒または直接打錠によって調製される錠剤製剤の賦形剤や希釈剤として使用されます。

主要な市場区分

世界のソルビトール市場は、タイプ別、用途別、原料別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・液体

・粉末

液体ソルビトールは、様々なパーソナルケア製品、化粧品、食品・飲料において、水分子を結合して質量を安定させる働きがあるため、現在最大の市場シェアを占めています。

用途別の市場構成

・化粧品・トイレタリー

・食品・飲料

・医薬品

・練り歯磨き

・工業用界面活性剤

・その他

用途別に見ると、医薬品分野では、ソルビトールの大部分がビタミンC錠剤用のアスコルビン酸の製造に使用されているため、医薬品分野がリードしています。

原料別の市場構成

・トウモロコシ

・小麦

・キャッサバ

・その他

ソルビトールの生産量は、米国ではトウモロコシが最も多く、中国、欧州、インドではその大半を占めています。

地域別の市場構成

・中国

・米国

・ヨーロッパ

・インドネシア

・インド

地域別では、中国が世界のビタミンC生産量の約90%を占めており、市場での優位性が明らかになっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]