太陽光発電機市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

太陽光発電機市場は、2020年に4億2,800万米ドルの規模に達しました。太陽光発電機とは、太陽光の光エネルギーを利用して電気を作る太陽光発電システムのことです。太陽光発電機は、消費者のニーズや要求に応じて、さまざまなサイズや容量のものが市場に出回っています。世界中で電力不足が深刻化しており、それに伴う電源バックアップの需要が高まっていることから、太陽電池発電機の販売が増加しています。これらの発電機は、ガス式発電機のように有害なガスを排出せず、必要な時間だけ家庭に電力を供給することができます。

また、太陽光発電機は経済的であり、最小限の投資と燃料しか必要とせず、汚染もなく、将来のためにエネルギーを蓄えることもできます。このような理由から、世界中で電力の生産と供給に利用されるようになってきました。急速な都市化と人口の増加により、電力需要と供給のバランスが崩れ、多くの地域で電力不足が発生していますが、太陽電池はこの電力不足を解消するために重要な役割を果たします。さらに、気候変動への関心の高まりにより、太陽光発電、水力発電、風力発電などの再生可能資源の利用に対する意識が高まっていることも市場に影響を与えています。このような背景から、各国政府は税制面での優遇措置を設け、再生可能資源への投資を奨励しています。このような取り組みにより、太陽電池の価格が下がり、その結果、太陽電池の売上が増加しています。今後5年間、世界の太陽光発電機市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

グリッド接続別の市場構成

・オフグリッド

・オングリッド

現在は、緊急時や停電時にユーザーをサポートするオフグリッド接続が市場を支配し、最大のシェアを占めています。

エンドユーザー別の市場構成

・住宅

・産業用

・商業

・ミリタリー

現在、最大のエンドユーザー層は住宅分野です。これは、電気料金の高騰や、再生可能エネルギーに対する消費者の意識が高まっていることに起因しています。

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、北米が世界シェアの大半を占めており、市場をリードしています。

市場の競合状況

世界の太陽光発電機市場における主要な企業としては、Goal Zero LLC、Hollandia Solar、Altern Limited、Jaspak Pte. Ltd.、Sunvis Solar Co. Ltd.、BioLite, Inc.、Powerenz, Inc.、SolSolutions LLC (SolMan)、SolaRover, Inc.、SolarLine Group、Voltaic Power Pvt.Ltd.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]