スムージー市場、2021年から2026年にかけて6.8%のCAGRで成長見込み

市場の概要

スムージー市場は、2020年に約140億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は6.8%のCAGRで成長すると予想されています。

スムージーとは、果物や野菜、牛乳、種菌、ヨーグルト、アイスキューブ、甘味料、栄養補助食品やハーブなどの材料を混ぜ合わせて作る濃厚な飲料のことです。ビタミンや食物繊維などの栄養素が多く含まれており、簡単に調理して保存し、すぐにでも食べることができます。グリーンスムージーの流行に伴い、様々な消費者が、ケール、ホウレンソウ、レタス、コラードグリーンなどの緑の葉野菜をスムージーに取り入れ、消化を良くし、免疫力を高め、不健康な食べ物への欲求を最小限に抑えています。

経済状況の改善に伴い、以前は人口の大部分が罹患していた栄養不良や栄養不足が、現在では特に先進国において、関節炎、脳卒中、肥満、糖尿病、てんかん、心臓発作などの慢性疾患に取って代わられています。例えば、米国疾病管理予防センター(CDC)によると、米国では慢性疾患が主要な健康問題の一つとなっています。しかし、健康志向の高まりと、より健康的なライフスタイルの導入により、消費者は日々の食生活を変えつつあります。消費者は、炭水化物を多く含む食品から、タンパク質を多く含む健康的なスナックや食事へとシフトしています。さらに、日々の栄養要求を満たすために、スムージーのような機能性食品や飲料をより多く摂取するようになっています。また、多忙なライフスタイルや長時間労働に伴い、外出先での食事の需要が高まっていることも、業界の成長を後押ししています。今後5年間、世界のスムージー市場は緩やかな成長が見込まれています。

主要な市場区分

世界のスムージー市場は、製品、流通チャネル、包装材、消費パターン、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場構成

・乳製品ベース

・フルーツベース

流通チャネル別の市場構成

・レストラン、スムージーバー

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

包装材別の市場構成

・プラスチック

・紙

・ガラス

消費パターン別の市場構成

・家庭外

・家庭内

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のスムージー市場における主要な企業としては、Smoothie King、Maui Wowi Hawaiian Coffees & Smoothies、Suja Juice、Innocent Drinks、Bolthouse Farms、Jamba Juice Company、Ella’s Kitchen Ltd、Barfresh Food Group, Inc、Tropical Smoothie Caféなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]