スマートバスルーム市場、2021年から2026年まで10.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

スマートバスルーム市場は、2020年に44億6,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は10.4%のCAGRで成長すると予想されています。

スマートバスルームとは、スマートフォンなどのスマートデバイスから操作できる自動化された配管・衛生システムのことです。スマートバスルームは、タッチレス水栓、センサー付きソープディスペンサー、自動貯水槽システム、ハンドドライヤーなど、数多くの環境に優しいソリューションと先進技術のハードウェアで構成されています。また、照明、冷暖房、自動ドア、デジタル水栓、バスタブ、自動トイレなどの機能を集中的に制御することもできます。スマートバスルームは、利便性、制御性、コスト削減、エネルギー効率の向上などのメリットをもたらします。さらに、高齢の方や体の不自由な方にも柔軟な環境を提供することができます。

近年、バスルームの概念は大きく変化し、機能性や利便性を超えたものになってきています。その結果、世界中の消費者がバスルームをリラックスできる空間として認識し、スマートバスルームへの投資を行っています。その背景には、所得水準の向上、核家族化、環境意識の高まりなどがあります。さらに、家電製品やデバイスを統合するIoTの導入が進み、従来の住宅をスマートホームに変える必要性が高まっていることから、スマートバスルームの需要が増加しています。さらに、消費者の健康、衛生、省エネに対する意識の高まりを受けて、これらのバスルームシステムの需要は世界中で増加しています。また、メーカー各社は、アマゾンが開発した仮想アシスタント「Alexa」と連携したKohler社のトイレ「Numi 2.0」のように、ユニークな機能を持つ製品を発表しています。

主要な市場区分

世界のスマートバスルーム市場は、製品、流通チャネル、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場構成

・タッチレス水栓

・スマートトイレ

・タッチレス・ソープディスペンサー

・タッチレス貯水槽

・ハンドドライヤー

・スマートウィンドウ

流通チャネル別の市場構成

・オフライン

・オンライン

最終用途産業別の市場構成

・非住宅

・住宅

地域別の市場構成

・ヨーロッパ

・アジアパシフィック

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のスマートバスルーム市場における主要な企業としては、Duravit、Jaquar、Kohler、LIXILグループ、TOTO、American Standard Brands、Bradley Corporation、Cera Sanitaryware Ltd、Cleveland Faucet Group、Delta Faucet Company、Grohe、Jacuzzi、Novellini、Pfister、Roca Saniatrio、Sloan Valveなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]