スマートバンド市場、2026年に6,280万ユニット規模到達見込み

市場の概要

スマートバンド市場は、2020年に4,990万ユニットの規模に達しました。今後、2026年には6,280万ユニットに達すると予測されています。

スマートバンドは、人が日常的に行っている活動の量をモニターするのに役立つ多目的デバイスです。ウォーキングやジョギングの距離を考慮し、カロリー摂取量、心拍数、睡眠の質などをモニターします。スマートバンドは、携帯電話やタブ、ノートパソコン、パーソナルコンピュータにワイヤレスで接続し、データを長期保存することができます。

市場の成長要因

スマートバンド市場の成長を促している主な要因の一つは、人々の健康とフィットネスに対する意識の高まりであり、その結果、スマートバンドのようなフィットネス機器の需要が大きく伸びています。さらに、ライフスタイルの変化や多忙なスケジュールにより、消費者は、健康的な生活や適切な睡眠パターンを推奨し、接続性を提供するリマインダーを求めています。さらに、インターネット環境の向上やIoT(Internet of Things)の普及により、消費者がスマートバンドやスマートウォッチを日常生活に取り入れるようになったことも、この市場を後押ししています。さらに、近年、スマートバンドの価格が低下したことで、多くの人々がスマートバンドを購入できるようになりました。

主要な市場区分

世界のスマートバンド市場は、製品タイプ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・スクリーンあり

・スクリーンなし

流通チャネル別の市場構成

・専門小売店

・企業アウトレット

・オンライン

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のスマートバンド市場における主要な企業としては、Fitbit、Garmin、Jawbone、Samsung Electronics、Apple、Xiaomi、Lenovo、LG、Nike、Razer、Sonyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]