包装機械市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

包装機械市場は、2020年に492億米ドルの規模に達しました。包装機械とは、さまざまな製品や部品の梱包に使用される装置のことです。小袋から大箱までの包装を容易にするだけでなく、製品の耐熱性や安全性の確保にも重要な役割を果たしています。さまざまな種類の包装機は、さまざまなアイテムをソート、カウント、および蓄積するために利用されています。技術の進歩により、包装機はより高度になり、製造、充填、密封、洗浄、結合、ラベリング、パレタイズ、オーバーラッピングなど、数多くのプロセス作業が含まれるようになりました。

包装は、内容物の賞味期限を延ばしたり、生物学的汚染、劣化、物理的損傷、偽造などの外的要因から保護するだけでなく、市販の医薬品、加工食品や飲料、化粧品などのFMCG(Fast Moving Consumer Goods)の外観を向上させるためにも利用されています。さらに、最近の消費者は、柔軟で軽く、持ち運びやすいパッケージを好むようになっています。さらに、ライフスタイルの変化や多忙なスケジュールにより、便利な包装ソリューションへのニーズが高まっており、これが世界的に最新の包装機械の需要を促進しています。これに加えて、大手包装機械メーカーは、既存の生産設備を拡張し、効率を高めるために、M&Aを行っています。今後5年間、世界の包装機械市場は緩やかな成長を遂げると予想されています。

主要な市場区分

機械タイプ別の市場構成

・充填機

・FFS(Form, Fill and Seal)マシン

・カートニングマシン

・パレタイジングマシン

・ラベリングマシン

・包装機

・洗浄・殺菌装置

技術別の市場構成

・一般包装

・変性雰囲気包装

・真空包装

エンドユーズ別の市場構成

・食品

・飲料

・医薬品・パーソナルケア

・化学品

地域別の市場構成

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の包装機械市場における主要な企業としては、Barry-Wehmiller Companies、GEA Group、Illinois Tool Works、Krones、Robert Bosch GmbH、Adelphi Packaging Machinery、Aetna Group、B&H Labelling Systems、Bosch Packaging Machinery、Bradman Lake Group、CKD Group、Coesia SpA、Fuji Machinery Company、Harland Machine Systems Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]