超音波流量計市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

超音波流量計市場は、2020年に15億3,000万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

超音波流量計は、配管内を移動する液体や気体の量を測定するための装置です。この装置は流体の速度を測定し、さらに気体や液体の動きを計算します。流れている物質の速度は、超音波トランスデューサーの助けを借りて測定されます。液体だけでなく、溶けた硫黄や化学物質、極低温の液体、さらにはガスの速度も測定できます。この装置は一般的に、通過時間差、ドップラー効果原理、開路原理という3つの異なる原理で動作します。超音波流量計は、主に廃水、化学、食品・飲料、鉱業、金属、医薬品、発電、紙・パルプ工業などの産業で使用されています。

市場の成長要因

超音波流量計は、流体の速度を測定・計算する際の精度の高さが、需要を牽引する重要な要因となっています。超音波流量計の効率と精度の高さは、機械的な磨耗がなく、配管内を流れる流体の圧力低下を引き起こさず、双方向の測定にも使用できることに起因しています。超音波流量計は、クランプ式流量計ではできない双方向の計測に大きな役割を果たしています。超音波流量計の需要を牽引しているもう一つの大きな要因は、その非侵襲的な性質です。これらの流量計は、測定のために流体に接触したり、配管を切断したりする必要がありません。また、高精度で信頼性が高く、メンテナンスも少なくて済みます。さらに、エネルギー需要の増加に伴う精製所の数の増加も、超音波流量計の需要を押し上げています。

主要な市場区分

世界の超音波流量計市場は、製品タイプ、パス数、技術、流通チャネル、用途、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・スプールピース

・インサーション

・クランプオン

・その他

現在は、スプールピースが最大のセグメントとなっています。

パス数別の市場構成

・3パストランジットタイム

・4パストランジットタイム

・5パストランジットタイム

・6パス以上のトランジットタイム

技術別の市場構成

・トランジットタイム – シングル/デュアルパス

・トランジットタイム-マルチパス

・ドップラー

・ハイブリッド

流通チャネル別の市場構成

・直販

・独立代理店

・ディストリビューター

・オンライン

用途別の市場構成

・天然ガス

・非石油系液体

・石油系液体

・その他

用途別では、天然ガスが最大のセグメントです。その他のセグメントには、非石油系液体、石油系液体、その他が含まれます。

地域別の市場構成

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、アジア太平洋、北米、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。このうち、欧州は主要市場であり、市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

世界の超音波流量計市場における主要な企業としては、Asea Brown Boveri Ltd.、Badger Meter Inc.、Emerson Electric Co.、Emerson Process Management、Faure Herman SA、General Electric、Hach/Marsh McBirney Inc.、Honeywell International Inc.、Index Corporation、Invensys Process Systems、Rockwell Automation Inc.、Siemens AG、Teledyne Isco Inc.、山武株式会社、横河電機株式会社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]