スキンケア製品市場、2021年から2026年まで4.1%のCAGRで成長見込み

市場の概要

スキンケア製品市場は、2020年に1,310億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に4.1%のCAGRで成長すると予想されています。

スキンケア製品は、人間の皮膚の外観を向上させ、維持するために使用されます。洗顔料、化粧水、ボディローション、オイル、美容液、α-ヒドロキシ酸、β-ヒドロキシ酸、レチノールなどを主成分とするクリームなど、さまざまな製品が販売されています。これらの製品は、死にかけている皮膚細胞を定期的に補充し、シワや小ジワ、シミなどの老化の兆候に対処するとともに、肌全体の健康を維持します。世界のスキンケア製品市場は非常に多様化しており、世界各地の様々な肌タイプに対応できるよう、地域ごとに異なっています。

市場の推進要因

皮膚は、紫外線(UV)や汚染などの外的要因にさらされることで、最もダメージを受ける器官のひとつです。そのため、スキンケアを個人の健康に不可欠なものとして、定期的に行うことを望む人が増えてきました。そのため、健康な肌を維持することを目的とした、さまざまな化学成分やハーブを含む多様な製品が登場しています。特に都市部では、可処分所得の増加、積極的なプロモーション活動、メーカーによる革新的な製品の発売などにより、消費者の様々なスキンケア製品への関心が高まっています。また、肌の病気や治療法に対する意識の高まりから、消費者はかなり早い段階でスキンケア製品を使い始めており、これが市場の成長を後押ししています。さらに、スキンケア製品市場の重要なセグメントであるアンチエイジング製品を好む女性が増えていることも市場を牽引しています。

主要な市場区分

世界のスキンケア製品市場は、製品タイプ、成分、性別、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・フェイスクリーム

・スキンブライトニングクリーム

・アンチエイジングクリーム

・日焼け止めクリーム

・ボディローション

・マスボディケア

・プレミアムボディケア

・その他

成分別の市場構成

・ケミカル

・ナチュラル

性別の市場構成

・男性

・女性

・ユニセックス

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・ビューティーパーラー&サロン

・多ブランド小売店

・オンライン

・専売店

・その他

地域別の市場区分

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・アジア太平洋

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のスキンケア製品市場における主要な企業としては、ジョンソン・エンド・ジョンソン、The Estee Lauder Companies Inc、Unilever PLC、Avon Products Inc、L’Oral S.A.、花王株式会社、Colgate-Palmolive Company、Shiseido Company、Beiersdorf AG、Procter & Gamble、Revlon, Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]