信号発生器市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

信号発生器市場は、2020年に11億5,000万米ドルの規模に達しました。信号発生器とは、電気信号を波の形で発生させる電子機器のことです。信号発生器は、オーディオからマイクロ波までの周波数で、正確に校正された繰り返しまたは非繰り返しの信号を供給します。信号発生器は、周波数、出力電圧、インピーダンス、波形、変調度などを調整することができます。これらの発電機は、航空宇宙、防衛、通信業界において、様々な電子機器の特性評価、周波数測定、ストレス/マージンテスト、測定検証、トラブルシューティングに利用されています。

市場の成長要因

信号発生器は、内部回路の電流の流れをテストし、検証するために使用されます。また、通信技術の波長や周波数範囲のテストにも使用され、要求に応じてマッピングやチェックが可能です。携帯電話や電子機器の販売台数の増加、無線技術、プロセッサ技術、信号伝達技術の進歩に伴い、信号発生器の需要は大幅に増加しています。また、これらの信号発生器は、航空宇宙産業や防衛産業において、多くの機械の保守・点検のための試験・計測機器としても使用されています。今後5年間、世界の信号発生器市場は緩やかな成長を続けると予測されています。

主要な市場区分

製品別の市場構成

・RF信号発生器

・マイクロ波信号発生器

・任意波形発生器

・ベクトル信号発生器

技術別の市場構成

・グローバルシステムフォーモバイルフォン(GSM)

・コード分割多元接続(CDMA)

・ワイドバンド符号分割多重アクセス(WCDMA)

・LTE(Long Term Evolution)

・その他

アプリケーション別の市場構成

・設計

・テスト

・製造

・トラブルシューティング

・修理

・その他

エンドユーズ別の市場構成

・通信業界

・航空宇宙・防衛産業

・機械分野

・電子産業

・ヘルスケア

・その他

地域別の市場構成

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の信号発生器市場における主要な企業としては、キーサイト・テクノロジーズ、ローデ・シュワルツ、ナショナル・インストゥルメンツ、アンリツ、テクトロニクス、テレダイン・テクノロジーズ、B&Kプレシジョン、フルーク、スタンフォード・リサーチ・システムズ、グッド・ウィル・インストゥルメント、横河電機株式会社などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]