科学機器市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

科学機器とは、科学的な目的のために設計、構築、改良された実験装置のことです。これらの機器には、電流計、気圧計、色度計、ガルバノメーター、比重計、光度計、蓄音機などがあり、物質や元素の証明されていない特性や量を分析、測定、検証するために使用されます。科学機器は、新製品の開発や既存製品の革新・改良に重要な役割を果たします。現代では、研究機関が研究プロセスにおいても最適な効率を達成するためにこれらの機器を使用しています。世界の科学機器市場は、2020年に377億米ドルに達しました。

科学機器市場の主な需要要因は、研究開発部門の成長です。また、政府や大学の研究室、その他の様々な研究機関に最適な機器を提供するための政府とメーカーの協力関係の強化が、世界全体の市場成長に寄与すると予想されます。さらに、科学機器とコンピュータを統合することで、機器の機能を拡張・強化し、パラメータの調整や条件設定を行い、データのサンプリング、収集、解析、分析を効率化することができます。これにより、世界的に科学機器の需要が拡大すると予想されます。今後5年間、世界の科学機器市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

世界の科学機器市場は、エンドユース部門に基づいて、産業用、政府機関、学術用に分類されています。現在、産業用ユーザーが市場を支配し、最大のシェアを占めています。

タイプ別では、科学的臨床分析装置と科学的分析機器に分類されています。これらの中では、科学的臨床分析装置が最もポピュラーなタイプで、市場シェアの大半を占めています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに分類されています。

市場の競合状況

世界の科学機器市場における主要な企業としては、Agilent、Bruker、Danaher、Horiba、Thermo Fisher、Waters、Roche、Pelkin Elmer、Merckなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]