学校用文房具市場、2021年から2026年にかけて約4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

学校用文房具市場は、2020年に855億米ドルの規模に達しました。 今後、2021年から2026年の間に市場は約4%のCAGRで成長すると予想されています。

学校用文房具は、すべての年齢層の学生にとって不可欠なツールであり、教育システムには欠かせないものです。学校用文房具には、紙、ペン、鉛筆、消しゴム、削り器、スケッチペン、筆箱、ノートなどがあります。デザインや印刷の高度な個性化により、メーカーと消費者の間のギャップが解消され、消費者の要求にぴったり合った用品が提供されています。学校用文房具の素材は、紙、木、金属、プラスチックなど多岐にわたっています。また、厚紙やマーブル紙、デザイン紙などの素材も多く使われています。

市場の成長要因

消費者のブランド意識の高まりや、多様なカスタマイズオプションの提供などの要因が、学校用文房具市場の成長を促す主な要因の一つとなっています。また、様々な子供向けテレビチャンネルとのライセンス契約により、人気アニメのキャラクターを文房具製品にプリントできるようになるなど、強力なマーケティングおよびブランド構築キャンペーンも、市場の成長を促進すると考えられます。さらに、主要メーカーは、市場での競争力を高めるために、革新的な製品の開発に力を入れています。例えば、油絵具、クレヨン、スケッチペン、水彩絵具、絵筆などのメーカーは、持続可能で環境に優しい製品を発売しています。その他、市場を牽引する要因としては、世界的な識字率の向上、教育費の増加、積極的なプロモーション活動、デザインの革新などが考えられます。

主要な市場区分

世界の学校用文房具市場は、製品、エンドユーザー、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場構成

・紙製品 

・筆記用具

・コンピュータ・プリンタ用品

・その他

 エンドユーザー別の市場構成

・K-12

・高等教育機関

流通チャネル別の市場構成

・文房具・書籍販売店

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・オンライン

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の学校用文房具市場における主な企業としては、Pilot、Kokuyo Camlin、Newell Rubbermaid、Societe BIC、ACCO Brands、Adveo、Ardent Group、El Corte Ingles、Herlitz (Pelikan)、Kaut-Bullinger、Lyreco、Metro、Ryman Group、WHSmithなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]