サファイアガラス市場、2021年から2026年まで18.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

サファイアガラス市場は、2020年に8億800万米ドルの規模に達しました。 今後、2021年から2026年の間に市場は18.4%のCAGRで成長すると予想されています。

サファイアガラスは人工的に製造された結晶で、ダイヤモンドと同様の硬度を持ち、耐久性に優れています。一般的にはブールと呼ばれる円筒形のスティック状で製造されますが、サファイアガラスの製造は、高価でエネルギーを必要とし、時間のかかるプロセスです。サファイアガラスの特徴は、融点が2,030℃と熱衝撃に強く、圧縮強度は2,000メガパスカルとステンレス鋼よりも強いことです。サファイアガラスの耐久性は、タブレット、スマートフォン、ノートパソコンなどのデジタル出力ディスプレイを使用する家電製品の製造に最適です。その他にも、時計、防弾ガラス、装甲車の窓、軍用ボディアーマースーツのバイザーやスクリーンなどにも使用されています。

近年、防衛、軍事、安全機器、医療機器などの様々な分野でサファイアガラスの使用が大幅に増加しています。防衛・航空宇宙分野では、ガルフストリームなどの民間航空機や、F-35統合打撃戦闘機などの軍事プラットフォームにサファイアガラスが広く使用されています。この他にも、世界中のメーカーが、透明装甲システム、対策システム、電気光学窓、ビジョンシステムの製造にこの素材を使用するようになっています。また、サファイアガラスの需要が拡大しているのは、医療用手術システムの生産量が増加しているためであり、医療用光学分析装置にも使用されています。さらに、サファイアガラスは、石油化学産業のような高温高圧の過酷な環境下で広く使用されています。このような要求から、業界のプレイヤーは、危険物や可燃性ガスの漏れを検知する火炎検知器や分析装置に設置可能なサファイアガラスの窓など、より汎用性の高い製品の製造を求めています。

主要な市場区分

世界のサファイアガラス市場は、製品タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・ハイグレード透明サファイアガラス

・一般的な透明度のサファイアガラス

一般的な透明度のサファイアガラスは、市場で最も人気のある製品です。

アプリケーション別の市場構成

・スマートフォン

・時計

・光学・機械器具

・安全装置

・医療機器

・その他

現在、スマートフォンが最大のアプリケーションセグメントとなっています。

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、北米が最大の市場であり、市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

世界のサファイアガラス市場における主要なプレイヤーとしては、京セラ株式会社、Rayotek Scientific Inc.、Rubicon Technology, Inc.、サンゴバン・グループ、Crystran Ltd.、Crystalwise Technology Inc.、Monocrystal PLC、SCHOTT North America Inc. (SCHOTT AG)、Swiss Jewel Company、GTAT Corporation、Precision Sapphire Technologies, Ltd.、Sense-tech Innovation Company、Namiki Precision Jewel Co., Ltd.、DK AZTEC Co., Tera Xtal Technology Corporationなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]