充電式電池市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見通し

市場の概要

充電式電池市場は、2020年に946億米ドルの規模に達しました。 充電式電池は、化学エネルギーを電気エネルギーに変換する電気化学デバイスで、二次電池、アキュムレータ、蓄電池などとも呼ばれています。充電式電池は、化学エネルギーを電気エネルギーに変換する電気化学デバイスで、電解液、負極、正極で構成され、電気化学反応により電流を発生させます。充電式電池には、ボタン型のものから産業用のメガワット級のものまで、さまざまな形状のものがあります。充電式電池は、充電できない電池に代わるエコロジーで持続可能な電池であり、長期的な費用対効果と高い耐久性を備えているため、非常に人気があります。消費者が携帯電話やノートパソコン、コードレス電動工具、MP3プレーヤーなどのポータブル機器を使用するようになったことで、充電式電池のニーズは年々大きくなっています。

最近では、エネルギー効率が高く、廃棄物が少なく、簡単な充電器で充電できる充電式電池が好まれています。さらに、材料科学の分野における継続的な技術革新により、メーカーはリチウムイオン電池の性能を向上させることができ、世界中でその需要が高まっています。例えば、ハイブリッド電気自動車では、先進的なリチウム空気電池や銅電池の使用が増加しています。さらに、研究者たちは、スペースを取らずに従来の電池に比べて出力を2倍にできるフロー電池と呼ばれる新しい充電式電池技術を開発しています。この技術は、電気自動車の航続距離を延ばし、携帯電話の充電時間を延ばすことができます。 今後5年間、世界の充電式電池市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

電池タイプ別の市場構成

・鉛蓄電池 

・リチウムイオン電池

・ニッケル水素電池

・NiCd電池

・その他

容量別の市場構成

・150~1000 mAh

・1300~2700 mAh

・3000~4000 mAh

・4000~6000 mAh

・6000~10000 mAh

・10000 mAh以上

アプリケーション別の市場構成

・コンシューマーエレクトロニクス

・産業用アプリケーション

・自動車アプリケーション

・防衛

・その他

地域別の市場区分

・アジア・パシフィック

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

充電式電池市場における主要な企業としては、East Penn Manufacturing、EnerSysl、Exide Technologies、Johnson Controls、LG Chem、Saft、SAMSUNG SDI、Panasonic Corporation、Apple Inc、STMicroelectronics N.V.、Enfucell Oy、Ultralife Corporation、Cryopak、Blue Spark Technology、NEC Energy Solutions Inc.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]