希土類磁石市場、2021年から2026年まで6.7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

希土類磁石市場は、2020年に144億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に6.7%のCAGRで成長すると予想されています。

希土類磁石は、希土類元素の合金から作られる永久磁石の一種です。強力な磁界を発生させ、製品の小型化、高性能化、製造コストの削減に貢献します。磁石は脆くて腐食しやすいため、割れたり欠けたり粉々になったりしないように、一般的にはメッキやコーティングが施されています。そのため、モーター、セパレーター、プリンター、マイクロフォン、自動車用スターター、音響変換器、コンピューターディスクドライブなどに使用されています。

これまで希土類磁石の用途は、モーターや自動車産業に限られていました。しかし、世界の希土類磁石市場では、最近、電子機器、医療機器、アクチュエータの製造など、いくつかの新しい産業からの需要が増加しています。さらに、急速な都市化、工業化、電気の普及、いくつかの産業での自動化の進展により、電動機産業は緩やかな成長を遂げています。電動機産業は希土類磁石の最大のエンドユーザーの一つであり、この成長が希土類磁石の需要にプラスの影響を与えています。また、人口の増加や電力需要の増加に伴う風力発電所の拡大が、今後の市場成長を後押しすると予想されます。

主要な市場区分

世界の希土類磁石市場は、磁石のタイプ、用途、地域に基づいて分類されています。

磁石のタイプ別の市場構成

・ネオジウム-鉄-ホウ素(NdFeB)磁石

・サマリウム-コバルト(SmCo)磁石 

現在、ネオジム磁石はエネルギー分野で広く使用されており、市場全体の大半を占めています。NdFeB磁石は、持ち運びに便利なサイズ、強力な磁力、省エネ効果などが評価され、現在、市場の大半を占めています。その結果、これらの磁石は、風力発電機、エネルギー効率の高いエレベーター、電動自転車、ハイブリッド車、コンピュータのハードディスクドライブ、医療機器、家電製品などに使用されています。 

用途別の市場構成

ネオジム磁石

・自動車

・エレクトロニクス

・発電機

・医療機器

・風力発電

・その他

SmCo磁石

・防衛

・航空宇宙

・エレクトロニクス

・医療機器

・その他

希土類磁石は現在、様々な分野で使用されています。NdFeB磁石は主に自動車の製造に使用され、SmCo磁石は防衛分野で使用されています。 

地域別の市場区分

・中国

・日本

・欧州

・米国

 中国は、原材料の入手が容易であることから、世界の希土類磁石市場において主導的な地位を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]