ラジオ広告市場、2026年に443億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ラジオ広告市場は、2020年に381億米ドルの規模に達しました。2021年から2026年までの年平均成長率は2.5%で、2026年には443億米ドルに達すると予測されています。

ラジオ広告は、世界で最も古い広告形態の一つです。多くの視聴者に音声コンテンツを放送し、複雑で人目を引く映像を作る費用がかからないため、テレビ広告に比べて比較的安価です。インターネットのような新しい広告プラットフォームが登場したにもかかわらず、ラジオはその携帯性などの理由から、市場でかなりのシェアを占めています。さらに、ラジオは影響力のある宣伝手段として、世界中の大手企業から中小企業まで幅広く支持されています。 

市場の動向

ラジオは効率的でポータブルな広告媒体であり、より多くの人々にアピールすることができます。そのため、大手ブランドや広告主は、ターゲット層とのコミュニケーションにラジオCMを活用しています。また、多くの国の政府機関や国際機関でも、大規模な広報活動に利用されています。これとは別に、世界のほとんどの地域でラジオ局が利用できるため、ラジオは遠隔地や地方に住む人々にとって情報や娯楽の唯一の供給源として機能しています。さらに、世界中の人々が運転中、運動中、ビデオゲーム中、日常の雑用中にラジオを聴くことを好んでいます。これは、ラジオをサポートする車載用メディアアプリの開発と相まって、広告主に有利な成長機会をもたらしています。さらに、ラジオ局は、歌、コマーシャル、インタビューなどの録音済みオーディオコンテンツを統合したラジオオートメーションソフトウェアなどの革新的なソリューションを採用しています。このソフトウェアは、複数の放送局やチャンネルの運営を支援するものであり、市場の見通しを良好にすると予想されます。

主要な市場区分

世界のラジオ広告市場は、タイプ別及び地域別に分類されています。

タイプ別の市場構成

・従来のラジオ広告

・地上波ラジオ放送広告

・地上波ラジオのオンライン広告

・衛星ラジオ広告

地域別の市場区分

・北アメリカ

・欧州・中東・アフリカ

・アジア太平洋地域

・ラテンアメリカ 

現在、北米では、米国に主要な放送会社が存在するため、市場でトップの地位を占めています。

市場の競合状況

世界のラジオ広告市場における主要な企業としては、WPP plc、Omnicom Group Inc.、Publicis Groupe S.A.、The Interpublic Group of Companies, Inc.、Dentsu International Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]