眼科用レーザー市場、2026年に15億米ドル規模到達見込み

市場の概要

眼科用レーザー市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。今後、2026年には15億米ドルの市場規模に達すると予想されています。眼科用レーザーは、眼科疾患の手術や眼球内に存在する細胞の治療に使用される医療機器です。この機器から発せられるレーザービームは、眼球内の特定の場所に焦点を合わせる透明な単色光の源です。臨床や治療のための効果的なツールです。眼科用レーザーは、白内障手術、後嚢切開術、網膜光凝固術、レーザートラベクロ形成術、レーザー虹彩切開術など、さまざまな疾患や処置に使用されます。

経済的で、無害で、痛みのない眼科レーザー治療への需要の高まりと、世界的な高齢者人口の増加が、この市場を牽引する重要な要因となっています。また、慢性疾患や感染性眼疾患の増加により、失明や視覚障害を防ぐためのレーザー治療に対する消費者の意識が高まっています。また、糖尿病性眼疾患、緑内障、白内障などの高齢者問題を抱える高齢者人口の増加が、眼科用レーザーの需要を喚起しています。また、技術の進歩により、眼科用レーザー手術の精度や成功率が向上し、市場にプラスの影響を与えています。さらに、レーザーアイケア分野における広範な研究開発、視力健康管理への関心の高まり、眼科医院や病院の数の増加などの要因も、市場の成長に大きく貢献しています。

主要な市場区分

製品別の市場区分

・ダイオードレーザー

・フェムト秒レーザー

・エキシマレーザー

・ネオジム: YAGレーザー

・SLTレーザー

・その他

適応症別の市場区分

・緑内障

・白内障

・屈折異常の矯正

・糖尿病性網膜症

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・アイクリニック

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

眼科用レーザー市場における主要なプレイヤーとしては、Alcon Laboratories Inc. (Novartis AG)、Johnson & Johnson Surgical Vision Inc.、Bausch + Lomb、Ellex Medical Lasers Limited、IRIDEX Corporation、Lumenis、Topcon、A.R.C. Laser、Abbott Medical Optics、Calmar Laser、Carl Zeiss Meditec、Meridian、Nidek、Optos、Quantel、Ziemerなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]