モバイル広告市場、2026年に2,691億米ドル規模到達見込み

市場の概要

モバイル広告市場は、2020年に1,358億米ドルの価値に達しました。今後、2026年には2,691億米ドルの市場規模に達すると予想されています。

消費者のメディアや娯楽への支出が増加する中、企業やサービスプロバイダーは、人気のあるメディアプラットフォームを通じて自社の製品やサービスを宣伝するための投資を増やしています。近年、モバイル機器の数が大幅に増加し、消費者がスマートフォンやタブレットに費やす時間も増えていることから、モバイル機器は広告のプラットフォームとして最も急速に成長しています。

この急激な成長には、いくつかの要因があると考えられます。モバイル技術の急速な進歩により、ゲーム、電子メール、ソーシャルネットワーキング、バンキング、その他の付加価値サービスなど、消費者が自由に使える多くの機能が提供され、広告主は消費者の行動や購買パターンをより深く理解することができるようになりました。その結果、広告主はターゲットとなる消費者に比類のないアクセスを得ることができます。また、モバイルアプリの利用時間の増加に伴い、アプリ内広告の成長が促進されており、これがモバイル広告市場の成長の重要な要因の一つとなっています。また、携帯電話加入者数の増加、安価なスマートフォンやタブレットの登場、手頃なデータプランの利用、3G/4G契約の急増などにより、娯楽や情報収集を目的としたモバイル機器の利用が増加しています。これにより、広告主は、モバイル広告を通じて自社の製品やサービスを宣伝する潜在的な機会を見出しました。

主要な市場区分

世界のモバイル広告市場は、モバイル広告の人気プラットフォームに基づいて分類されています。現在、モバイル広告の2大セグメントは、モバイルサーチ(検索エンジンに広告を掲載するもの)とモバイルディスプレイ(モバイル端末で広告を表示・閲覧するもの)です。その他のセグメントには、モバイルビデオ、ソーシャル、モバイルウェブサイト、QRコード、メッセージングなどがあります。

デバイス別では、世界的な普及率の高さから、スマートフォンが最大のセグメントとなっています。

産業別でも市場は分類されています。モバイル広告を積極的に利用している業界としては、小売業、自動車、金融サービス、通信、旅行などが挙げられます。

地域別では現在、モバイル広告の最大の市場は、北米です。その他の主な市場は、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、中東・アフリカ、ラテンアメリカです。

市場の競合状況

世界のモバイル広告市場における主要企業としては、Google、Millennial Media、Facebook、Microsoft、Twitter、Yahooなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]