マイクロインシュランス市場、2026年に1,035億米ドル規模到達見込み

市場の概要

マイクロインシュランス市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。 今後、2026年には1,035億米ドルの市場規模になると予想されています。

マイクロファイナンスの一環として、マイクロインシュランスは、収入が限られ、資産価値の低い低所得世帯に提供される保険です。マイクロインシュランスは、低額の保険料で自分に合ったプランを組み立て、病気や怪我、障害、死亡を補償することで、経済的に弱い立場にある人々を支援します。また、農作物、家畜、火災などの様々な財産リスクもカバーしています。マイクロインシュランスは、複数の小規模な金融ユニットをより巨大な構造に統合し、予期せぬ損失や、未組織の貸金業者が課す法外な金利に対するクッションを提供します。マイクロインシュランスは、パートナーエージェントモデル、オールインワンインシュランスモデル、フルサービスモデル、コミュニティベースモデルなど、さまざまなモデルで提供され、認定機関や仲介者を通じて運営されます。 

世界的な保険業界の成長と、社会のあらゆる層が金融サービスにアクセスできるようになったことが、市場成長の主な要因です。また、ピアツーピアモデルなどの消費者に優しい保険モデルなどの最近の進歩も市場にプラスの影響を与えています。これらの新しいトレンドにより、消費者は柔軟な商品へのアクセスが可能になり、エンドツーエンドのデジタル体験ができるため、保険加入者とサービス提供者の間の透明性が確保されます。さらに、より多くの商品がデジタルで提供されるようになったことで、マイクロインシュランスは高所得者層にも支持されるようになりました。 

主要な市場区分

世界のマイクロインシュランス市場は、製品タイプ、プロバイダー、モデルタイプ、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・損害保険

・健康保険

・生命保険

・インデックス保険

・事故死・障害者保険

・その他

プロバイダー別の市場区分

・マイクロインシュランス(商業的に成り立つもの)

・政府援助によるマイクロインシュランス

モデルタイプ別の市場区分

・パートナーエージェントモデル

・フルサービスモデル

・プロバイダー主導型モデル

・コミュニティ・ベース/相互モデル

・その他

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・欧州

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]