マイクロディスプレイ市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

マイクロディスプレイ市場は、2020年に12億6,000万米ドルの規模に達しました。 マイクロディスプレイとは、対角線のサイズが2インチ未満の小型スクリーンのことです。リアプロジェクションテレビ、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、ヘッドアップディスプレイ(HUD)、データプロジェクタ、NTE(Near-To-Eye)デバイス、デジタルカメラのビューファインダなどに使用されています。透過型と反射型の2種類があり、光の透過モードによって使い分けられています。反射型のマイクロディスプレイはDLP(Digital Light Processing)プロジェクタに使用され、透過型のマイクロディスプレイはバックライト付きのノートパソコンの画面に使用されます。

マイクロディスプレイの主な特徴としては、高解像度、高画質、低消費電力、小型化などが挙げられます。これらの利点により、軍事・防衛、家電、ヘルスケアなど幅広い分野で使用されています。これらの産業におけるマイクロディスプレイの需要を牽引しているのは、AR/VR(拡張現実/仮想現実)の普及と、高精細および超高精細マイクロディスプレイスクリーンの開発です。例えば、ARやVRのヘッドセットは、ユーザーに最高のパフォーマンスを提供するために、高度なマイクロディスプレイを必要とします。さらに、大面積のマイクロディスプレイを使用した軽量でコンパクトなVRグラスの需要が増加しています。これに加えて、HMDはゲーム、スポーツ、エンターテイメントの分野で、テレビ、タブレット、スマートフォン、カメラなどの製品に幅広く使用されており、これらのスクリーンの需要をさらに促進しています。世界のマイクロディスプレイ市場は今後5年間で力強い成長を遂げると予測されています。

主要な市場区分

製品別の市場区分

・ニア・トゥ・アイ(NTE)デバイス 

・ヘッドアップディスプレイ(HUD)

・プロジェクタ

・その他

技術別の市場区分

・液晶ディスプレイ(LCD)

・液晶オンシリコン(LCOS)

・有機EL(OLED)

・デジタルライトプロセッシング(DLP)

解像度別の市場区分

・HD より低い

・HD

・FHD

・FHDより高い

輝度別の市場区分

・500 ニット未満

・500-1,000 ニット

・1,000ニット以上

エンドユーザー別の市場区分

・消費者 

・産業用および企業用 

・自動車 

・軍事・防衛・航空宇宙

・スポーツ・エンターテインメント 

・小売・ホスピタリティ 

・医療 

・教育 

・その他 

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

マイクロディスプレイ市場における主要な企業としては、Kopin Corporation、Himax Technologies, Inc , eMagin Corporation、WiseChip Semiconductor Inc, Microtips Technology, LLC, Universal Display Corporation、Sony Semiconductor Solutions Corporation、Micron Technology Inc. Ltd., Seiko Epson Corporation, Yunnan Olightek Opto-Electronic Technology Co., Ltd., Jasper Display Corp.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]