リヨセル繊維市場、2026年までに16億米ドル規模到達見込み

市場の概要

リヨセル繊維市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。リヨセル繊維は、セルロースを含む漂白木材パルプ(溶解パルプとも呼ばれる)から製造されるレーヨンの一種です。1972年に開発されたこの繊維は、ドライジェットウェット紡績のプロセスで製造されます。リヨセル繊維は、ラミー、リネン、ビスコースレーヨン、コットンなど、他のセルロース繊維と同様の特性を持っています。軽量で吸水性、通気性に優れ、ソフトでシワになりにくく、耐久性があり、シルクやレザー、スエードのような様々な質感を再現することができ、様々な色に染めることもできます。現在では、メーカーはリヨセルの生産に自然な手法を取り入れ、生産に化学物質を使用しないことで、オーガニック認証を取得しています。

リヨセル素材は、ファッション、繊維、医療、紙・パルプなど、幅広い分野で活用されています。リヨセル繊維は、その汎用性の高さから、綿や絹の代替品として、スポーツウェア、シャツ、ベッドリネン、デニム、Tシャツ、ズボン、タオルなどに使用されています。また、その高い吸水性から、医療用ドレッシングの素材としても理想的です。また、環境問題への関心の高まりを受けて、リヨセル繊維の需要は世界的に高まっています。リヨセル繊維の主成分であるセルロースは、適切に管理された森林から採取され、その生産過程では健康や環境に有害な副産物が発生しません。さらに、技術の進歩により、高度なN-メチルモルホリン-N-オキシド(NMMO)技術を用いてリヨセル繊維を製造することができるようになりました。NMMOは、セルロース繊維を再生するための簡単で、省資源で、環境にやさしい手段です。今後、世界のリヨセル繊維市場は2026年までに16億米ドルの規模に達すると予想されています。

主要な市場区分

世界のリヨセル繊維市場は、製品別、用途別、地域別に分類されています。

製品別の市場区分

・ステープルファイバー

・架橋繊維 

ステープルファイバーは、平均繊維長が長いため、加工しやすく、均一な糸を作ることができるので、最も好まれる製品です。

用途別の市場区分

・アパレル

・ホームテキスタイル

・医療・衛生

・自動車用フィルター

・その他 

リヨセル繊維は、その柔らかさと吸水性のために業界で広く使用されているため、これらの中でもアパレルが最大のセグメントとなっています。

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ 

地域別では、生活水準の向上と繊維産業の発展を背景に、アジア太平洋地域が市場で圧倒的な優位性を示しています。

市場の競合状況

世界のリヨセル繊維市場の競合状況は、価格と品質で競争する多数の中小メーカーの存在によって特徴付けられます。この市場で活動している大手企業は以下の通りです。

・Lenzing AG

・Acegreen Eco-Material Technology Co., Ltd.

・アディティヤ・ビルラ・グループ

・Baoding Swan Fiber Co. Ltd.

・Chonbang Co.,Ltd.

・ウェイチャオ・テキスタイル・カンパニー・リミテッド

・浙江省耀江工業集団有限公司

・中国ポピュラス繊維株式会社

・グレート・ドゥクサン社

・青島紡績集団繊維技術有限公司

・Smartfiber AG

・Acelon Chemicals & Fiber Corp.

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]