潤滑油添加剤市場、2021年から2026年の間に2.7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

潤滑油添加剤市場は、2020年に約150億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に2.7%のCAGRで成長すると予想されています。

潤滑油添加剤は、エンジンオイルを長持ちさせることで潤滑油の機能を高め、あらゆる運転条件でエンジンの安全性を高めるために使用される化学物質です。潤滑油添加剤は、用途に応じてオイル容量の0.1%から30%の範囲で使用されます。

添加剤には様々な種類があり、潤滑油に新たな有用な特性を与えるものもあれば、既に存在する特性を強化するものもあります。また、潤滑油の中には、使用期間中に製品に生じる望ましくない変化の割合を低下させる作用を持つものもあります。現在、潤滑油添加剤の世界的な需要を促進している要因はいくつかあります。

多くの潤滑油添加剤は、エンジン内部のコーティングや表面の損傷を防ぐために、耐摩耗性、耐錆性、耐腐食性の特性を持っています。

また、潤滑油添加剤の中には、あらゆる温度や使用条件で必要な物理的特性(粘度など)を維持するために使用されるものもあります。これにより、あらゆる状況下でエンジンオイルの適切な流動性と粘性が得られます。 

酸化防止特性を持つ添加剤は,酸化プロセスや不要なエンジン汚染物質の蓄積、オイルの増粘を遅らせるのに役立ちます。また、エンジンの表面や部品を清潔に保ち、デポジットを介したエンジンオイルの増粘を抑制するのにも役立ちます。 

摩擦や粘度を調整する特性を持つ添加剤は、燃料経済性の向上にも役立ちます。これは、動く表面間の摩擦を減少させたり、好ましい粘度プロファイルを可能にすることで、さらに効率を向上させます。

先進的な潤滑油添加剤は、自動車から排出される二酸化炭素の削減を助け、エネルギー資源の有効利用を可能にすることから、環境にも貢献します。

主要な市場区分

世界の潤滑油添加剤市場は、タイプ別、最終用途別、流通チャネル別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場区分

・分散剤

・粘度指数向上剤

・洗浄剤

・摩耗防止剤、酸化防止剤

・腐食防止剤

・摩擦調整剤

・乳化剤

最終用途別の市場区分

・自動車用潤滑油

・金属加工油剤

・工業用エンジンオイル

・プロセスオイル

・グリース

最終用途別では、自動車用潤滑油が最大のセグメントとなっています。

流通チャネル別の市場区分

・小売

・機関投資家

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・欧州

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、現在、アジア太平洋地域が最大の市場となっています。

市場の競合状況

世界の潤滑油添加剤市場における主要な企業としては、シェブロン社、アフトンケミカル社、ルーブリゾール社、インフィニウム・インターナショナル社、BASF SE、BRBインターナショナルBV、無錫南石油添加剤有限公司、クロダ・ルブリカンツ社、DOG Chemie社、Dorf Ketal社、ドーバー・ケミカル社、Eni SpA社、Evonik Industries AG社、Jinzhou Kangtai Lubricant Additives Co. Ltd.、King Industries Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]