ロジスティクス市場、2021年から2026年にかけて4.6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ロジスティクス市場は、2020年に5兆2,000億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年にかけて、同市場は4.6%のCAGRで成長すると予想されています。 

現在のロジスティクス市場は、供給側と需要側のトレンドが組み合わさった結果として生まれました。各国間の貿易協定の急速な普及は、世界のロジスティクス市場の主な需要要因となっています。また、世界的な貿易活動の活発化を目的とした取り組みにより、輸出入者のニーズの高まりに対応するために、ロジスティクスの需要が拡大しています。  

ロジスティクスとは、資源やサービスを出発点から消費点まで計画・調整するプロセスのことです。このプロセスでは、商品やサービスの効率的かつ効果的な輸送や保管が行われます。組織やビジネスの適切な機能に関わるロジスティクスの主な構成要素には、在庫管理、インバウンド・アウトバウンド輸送、マテリアルハンドリング、倉庫保管などがあります。近年、ロジスティクス業界は、技術の進歩、統合、グローバル化、法律、連盟などの恩恵を受けてきました。

自動化されたロジスティクス機器、生体認証、GPSなどを含む技術の進歩は、組織や企業の業務の効率化を助け、それによって世界全体のロジスティクス市場の成長に拍車をかけています。また、インターネットを利用した小売業の急増や、オンラインショッピングの人気の高まりも、市場の成長を支える要因の一つです。 

主要な市場区分

ロジスティクス市場は、モデルタイプ、輸送モード、最終用途、地域に基づいて分類されています。

モデルタイプ別の市場構成

・2 PL 

・3 PL

・4 PL

モデルタイプに基づいて、市場は2PL、3PL、4PLに分類されています。

輸送モード別の市場構成

・道路 

・海路 

・鉄道

・航空

輸送モード別では、道路、海路、鉄道、航空に分類されています。

最終用途別の市場構成

・製造業

・消費財 

・小売 

・食品・飲料

・ITハードウェア 

・ヘルスケア

・化学

・建設

・自動車

・テレコム

・石油・ガス

・その他

最終用途別では、製造業が最大のセグメントで、世界シェアの大半を占めています。

地域別の市場区分 

・アジア太平洋

・欧州

・北アメリカ

・ラテンアメリカ

・中東・アフリカ

地域別では、アジア太平洋地域が最大のシェアを占め、ヨーロッパ、北米、ラテンアメリカ、中東・アフリカと続きます。

市場の競合状況

世界のロジスティクス市場における主要な企業としては、J.B. Hunt Transport Services、C.H. Robinson Worldwide, Inc.、Ceva Holdings LLC、FedEx Corp.、United Parcel Service, Inc.、Expeditors International of Washington Inc.、XPO Logistics Inc.、Kenco Group、Deutsche Post DHL Group、Americold Logistics, LLC、DSV Air & Sea Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]