モジュラーキッチン市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

モジュラーキッチン市場は、2020年に348億米ドルの規模に達しました。モジュラーキッチンとは、多様な素材で作られたキャビネットをモジュール化し、その中にアクセサリーを収納することで、キッチンのスペースを有効に活用できるようにしたモダンなキッチン家具のレイアウトのことです。木材、高圧ラミネート、メラミンなど、さまざまな素材を使用することができます。モジュラーキッチンはカスタムデザインが可能で、消費者は自分の好み、要求、予算に応じてタイプ、デザイン、素材を選ぶことができます。 今後5年間、世界のモジュラーキッチン市場は緩やかな成長を遂げると予測されています。

市場の推進要因

モジュラーキッチンには様々なデザインや価格帯があり、消費者の要求に応じてカスタマイズすることができます。消費者の予算、好み、利用可能なスペース、個人的な好みに応じて、モジュラーキッチンはオーダーメイドで作られます。お客様は、キッチンをカラーコーディネートしたり、家のテーマと対照的なデザインにしたりすることができます。これは彼らが彼らの台所をパーソナライズすることができますが、それはまた、彼らの予算の制限内で動作するのに役立ちます。

モジュラーキッチンは、コンロ、オーブン、調理器具を簡単に使用できるため、ユーザーに利便性と快適性を提供します。また、家電製品を効率よく収納するための十分なスペースも確保されています。モジュラーキッチンは、掃除やメンテナンスが簡単にできるように設計されています。

モジュラーキッチンは、すべてのモジュールやパーツが組み立てられており、ユーザーが簡単に組み立てることができます。頻繁に家を変える消費者にとっては、持ち運びも容易です。モジュラーキッチンは、システム全体を変更することなく、1つのユニットだけを交換することができるため、破損や欠陥があった場合でも修理が容易です。

この市場は、住宅建設業界の力強い成長にも牽引されています。世界の住宅建設市場は、2018年には4兆米ドルを超える規模となり、今後5年間は2桁の成長率を示すと予想されています。不動産価格の上昇に伴い、住宅のサイズはよりコンパクトになっています。モジュラーキッチンは、小さな住宅において、より柔軟に、効率的にスペースを管理することができます。

主要な市場区分

製品タイプ別の市場構成

製品タイプ別では、フロアキャビネット、ウォールキャビネット、トールストレージに分類されます。現在、フロアキャビネットが最大の市場となっています。

デザイン/レイアウト別の市場構成

デザイン/レイアウトに基づいて、市場はL字型、直線型、U字型、平行型、アイランド型、ペニンシュラ型に分類されています。これらの中では、L字型が最大のセグメントとなっています。

使用材料別の市場構成

市場は、使用される素材の種類に基づいて、漆塗りの木、高圧ラミネート、木質ベニアとメラミン、金属、およびその他(ガラス、アクリルなど)に分類されます。現在、漆塗りの木が最大の市場シェアを占めています。

流通チャネル別の市場構成

流通チャネルに基づいて、市場はオンラインとオフラインに分類されます。このうち、オフラインが最大のセグメントとなっています。

地域別の市場区分

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカに分けられます。現在、欧州が最大の市場となっています。

市場の競合状況

モジュラーキッチン市場における主要な企業は以下の通りです。

Hafele

Lineadecor

ノビア

Pedini

Snaidero

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]