インスタントコーヒー市場、2021年から2026年まで5.1%のCAGRで成長見込み

市場の概要

インスタントコーヒー市場は、2020年に121億米ドルの規模に達しました。 今後、2021年から2026年の間に市場は5.1%のCAGRで成長すると予想されています。

インスタントコーヒーは、コーヒーパウダーとしても知られており、焙煎したコーヒー豆を粉砕して作る最も広く消費されている飲料の一つです。消費者は、インスタントコーヒーにお湯を注ぐだけで、すぐにコーヒーを飲むことができます。淹れたてのコーヒーと比較して、インスタントコーヒーはカフェインの含有量が少なく、抗酸化物質の含有量が多いのが特徴です。インスタントコーヒーの定期的な消費は、代謝を高める、脳の機能を改善し、肝臓の健康を強化することを支援します。このため、インスタントコーヒーは、特に世界の労働人口の間で絶大な人気を得ています。

市場の推進要因

インスタントコーヒーメーカーは、消費者層を拡大するために、モカ、グリーンビーン、イタリアンロースト、フレンチバニラ、ジンジャーブレッドクッキー、カルダモンパン、チョコレートキャラメルなどの新しいコーヒーフレーバーを市場に投入しています。さらに、これらの付加価値製品は、ベーシックな製品よりも高いマージンを得ることができるため、メーカーの収益性を高めることができ、ひいては市場の成長に貢献しています。

シングルサーブパックは、手頃な価格で消費者に利便性を提供することから、家庭、カフェ、ホテル、レストランなどで強い需要があります。さらに、消費者は大量のパックにお金をかけることなく、新しい味を試すことができます。

可処分所得の増加、都市化の進展、消費者の食生活の変化などにより、プレミアムインスタントコーヒー製品の消費は、中東、東欧、東南アジアなどの新興市場で急速に拡大しています。

インスタントコーヒーを愛飲しているいくつかの国では、今後数年間で人口の増加が見込まれています。これにより、インスタントコーヒーの消費者層が拡大し、市場の成長が促進されると考えられます。

主要な市場区分

世界のインスタントコーヒー市場は、製品タイプ、パッケージ、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・スプレードライ

・フリーズドライ

製品タイプ別では、スプレードライとフリーズドライのインスタントコーヒーに分けられます。これらのうち、スプレードライインスタントコーヒーは、フリーズドライタイプよりも比較的安価であるため、圧倒的なシェアを占めています。

パッケージ別の市場構成

・瓶

・パウチ

・小袋

・その他

パッケージ別では、柔軟性があり、汎用性が高く、軽量でリサイクルが可能なパウチが市場の大半を占めています。他の形態の包装とは対照的に、パウチはより便利で安価な包装方法です。パウチ以外の包装形態としては、瓶や小袋などがあります。

流通チャネル別の市場構成

・ビジネス・ツー・ビジネス

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・オンライン

・その他

流通チャネル別では、広い棚面積と豊富な品揃えを誇るスーパーマーケット・ハイパーマーケットが最大のセグメントです。スーパーマーケットとハイパーマーケットに続いて、B to B、コンビニエンスストア、オンラインの各セグメントがあります。

地域別の市場区分

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

地理的には、ヨーロッパが最大のシェアを持ち、市場をリードしています。ヨーロッパでは古くからコーヒーを飲む習慣があるため、インスタントコーヒー製品の需要が高いと考えられます。次いで、アジア太平洋地域、北米、ラテンアメリカ、中東・アフリカと続きます。

市場の競合状況

世界のインスタントコーヒー市場は、トッププレイヤーのネスレが全体の約半分のシェアを占めており、高い集中度を誇っています。市場で活動している主要プレーヤーの一部を紹介します。

・ネスレ 

・スターバックス・コーポレーション

・Matthew Algie & Company Ltd.

・クラフトフーズ・インク 

・タタ・グローバル・ビバレッジズ

・シュトラウス・グループ・リミテッド 

・ジェイコブス・ドゥーエ・エグベルツ

・チボ・コーヒー・インターナショナル・リミテッド 

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]