豆類市場、2026年に1億4,850万トン規模到達見込み

市場の概要

豆類市場は、2020年に1億1,530万トンの規模に達しました。将来的には、2026年には1億4,850万トンに達すると予想されています。

豆類は、食物繊維、ビタミン、ミネラル、植物化学物質、複合糖質を多く含むことから、スーパーフードと考えられています。豆類は、栄養面でのメリット以外にも、消化機能の向上、血糖値の低下、炎症の抑制、血中コレステロールの低下、糖尿病や心臓病、肥満などの慢性的な健康問題の予防にも役立ちます。しかし、豆類の消費量は、食生活のパターンや入手のしやすさ、一般的な状況に応じて地域ごとに異なります。

市場動向及び成長要因

豆類は、丸ごとの豆類、分割された豆類、豆類の粉、タンパク質、デンプン、繊維などの豆類の分画など、さまざまな形に加工することができます。小麦粉や分画は、肉やスナック、ベーカリーや飲料、バッターやパン粉など、様々な用途に使われています。

豆類は現在、すぐに食べられる(RTE)食品の加工にますます使用されています。急速な都市化、ライフスタイルの変化、多忙な労働時間の結果、健康的なスナック食品が労働人口の間で人気を集めています。

世界の人口が急速に増加する中、豆類の需要と供給の差が広がっています。この差を最小化するために、豆類生産国の政府は農家への支援を行っており、それが市場の成長を促しています。

また、豆類には様々な健康効果があることから、健康志向の高い消費者は、豆類を使った料理を日常の食生活に取り入れるようになっており、これが世界の豆類市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界の豆類市場は、種類、最終用途、地域に基づいて分類されています。

種類別の市場構成

・ひよこ豆

・カスパエンドウ豆

・レンズ豆

・キマメ

・ソラマメ

・ブラックグラム

・緑豆

・その他

世界の豆類市場は、現在、ひよこ豆が市場の大半を占めています。ひよこ豆には、抗酸化物質の供給増加、血液調節機能の改善、心血管リスクの低下などの健康上の利点があるからです。

最終用途別の市場構成

・家庭用

・スナック食品業界

・小麦粉業界

・その他

現在、世界の豆類消費量の大半は家庭用が占めています。これは、人口の増加、生活水準の向上、消費者の健康志向の高まりによるものと考えられます。

地域別の市場区分

・インド

・カナダ

・ミャンマー

・中国

・ブラジル

・その他

地理的には、インドが豆類の主要生産国であり、世界市場全体の約4分の1を占めています。インド政府は、近代的な作物生産技術に関する認識を高め、農家に資金援助を行うため、いくつかのプログラムを立ち上げています。インドに続き、カナダ、ミャンマー、中国、ブラジルが続いています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]