硝酸カリウム市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

硝酸カリウム市場は2020年に16億1,000万米ドルの規模に達しました。今後5年間、同市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

硝酸カリウム(KNO3)は、白色から灰色のイオン塩で、自然界ではソルトペトルやナイトレとして知られています。この結晶性の固体は不燃性で、水にはわずかに溶けますが、温度が高くなると溶解度が高くなります。硝酸カリウムは強力な酸化剤であり、他の有機化合物と反応すると爆発する可能性があります。そのため、肥料、花火、ロケット推進剤、火薬、医薬品などに使用されています。また、歯の過敏症を防ぐために、歯磨き粉にも使用されています。

市場の動向及び成長要因

硝酸カリウム市場は、いくつかの有利な要因により、安定した成長を遂げています。硝酸カリウムは、中世以来、牛肉、サラミ、ハムなどの食品の保存に使用されてきました。現在、硝酸カリウムは食品業界で肉の熟成に広く使用されており、これが市場成長の主な需要要因となっています。さらに、硝酸カリウムは肥料の生産にも使用されています。発展途上国の政府が農家に肥料販売の補助金を出していることから、農業分野での硝酸カリウムの消費量が急増しています。これに加えて、特殊な肥料への需要が高まっていることも、市場の成長を促しています。

主要な市場区分

市場は、原料に基づいて、塩化カリウム、硝酸アンモニウム、硝酸ナトリウムに分類されます。現在、塩化カリウムが市場を支配し、最大のシェアを占めています。

用途別では、農業分野が最大の市場となっています。その他の用途としては、製薬産業、食品産業、一般産業などが挙げられます。

地域別では、北米、アジア太平洋、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。その中でも、アジア太平洋地域は世界市場全体の大半を占める主要市場です。

市場の競合状況

硝酸カリウム市場における主要な企業としては、Haifa Chemicals Ltd.、Migao Corporation、SQM、URALCHEM、Yara、Arab Potash Companyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]