合板市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

合板市場は、2020年に465億米ドルの規模に達しました。 今後、2021年から2026年にかけて市場は緩やかな成長を示すと予想されています。 

合板は製造ボードの一種で、木材の単板を直角に接着した薄い層から作られています。耐久性を向上させるために、プラスチック、樹脂を含浸させた紙、布、フォーマイカなどの追加材料の薄い外層を表裏の単板に加えることができます。また、これらの部材は、合板を湿気や摩耗、腐食から防ぎ、塗料や染料の定着を良くします。今日では、毒性が低く、耐久性、美観、環境持続性が強化された様々なタイプの合板が市場に出回っています。

合板は、高い構造強度、柔軟性、化学物質や火に対する耐性を持ち、音や過度の熱に対する断熱性も備えています。このような特性から、建築、航空機、船舶など様々な分野で使用されています。建築業界では、ドア、階段、外壁材、床材、枠材、内柵、手すり、内部パネル、木製建具などに使用されています。一方、海洋産業における合板は、時折海水にさらされても腐らず、劣化もしません。この合板は、ストリンガー、フロア、トランサム、ボートキャビネット、壁、座席、その他の内装品の製造に利用されています。また、大手企業の技術的進歩により、製造コストの削減や収益性の向上だけでなく、合板製品の品質も向上しています。さらに、合板メーカーが採用しているゴー・グリーン戦略も、市場の成長を促進する重要な要因となっています。 

主要な市場区分

世界の合板市場は、用途と地域に基づいて分類されています。

用途別の市場構成

・住宅用

・商業用 

現在、住宅分野が最大の用途セグメントであり、世界市場全体の大半を占めています。

・新規建設

・交換 

現在、世界各地でのインフラ整備や住宅プロジェクトの増加に伴い、新規建設分野が市場で明らかに優位を占めています。

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、アジア太平洋地域が市場でトップの地位を占めています。

市場の競合状況

世界の合板市場における主要な企業は以下の通りです。

・ジョージアパシフィックLLC

・ポトラッチデルティックコーポレーション

・ウェアーハウザー・カンパニー・リミテッド

・ボイズカスケード社

・UPM-Kymmene Oyj

・SVEZA Forest Ltd.

・メッツァウッド(メッツァリット協同組合)

・Latvijas Finieris AS

・Austral Plywoods Pty Ltd.

・Eksons Corporation Berhad (BHD)

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]