プラスチックキャップ・クロージャー市場、2021年から2026年まで緩やかな成長見込み

市場の概要

プラスチックキャップ・クロージャー市場は、2020年に416億米ドルに達しました。 今後5年間、同市場は緩やかな成長を示すと予想されています。

キャップとクロージャーは、パッケージングプロセスの最終的な構成要素であり、製品の完全性を左右するプロセス全体の中で最も重要な部分の1つでもあります。プラスチック製のキャップやクロージャーは、製品のパッケージングに欠かせない部品であり、製品の美観や機能性を高める上で重要な役割を果たしています。現在では、医薬品、食品・飲料、化粧品、家庭用品など、さまざまな業界で使用されています。 

市場の動向及び成長要因

現在、プラスチックキャップ・クロージャーの需要が大きく伸びています。プラスチック製のキャップやクロージャーは、金属やゴムなどの他の素材で作られたキャップやクロージャーに比べて大きな利点があります。プラスチックは、経済性、汎用性、耐久性、軽量性、耐腐食性に優れています。さらに、軽量であることから、輸送コストの削減にもつながります。PET、PP、HDPE、LDPEなどは、プラスチック製のキャップやクロージャーの製造に使用される主な原材料の一部です。現在、プラスチックキャップ・クロージャーの最大の最終用途分野は飲料です。今後5年間、世界の飲料市場は年率3%で成長し、キャップ・クロージャーの需要にプラスの影響を与えると予想しています。コストパフォーマンス、耐久性、カスタマイズ性、化学的安定性などの理由から、飲料用キャップ・クロージャーにプラスチックを使用するケースが増えています。また、アルコール飲料や非アルコール飲料以外にも、化学、食品、医薬品、化粧品など、さまざまな最終用途の業界でもプラスチック製のキャップやクロージャーの需要が高まっています。 

主要な市場区分

世界のプラスチックキャップ・クロージャー市場は、製品タイプ、原材料、容器タイプ、技術、最終用途、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・ねじ込み式キャップ

・ディスペンサーキャップ

・その他 

原材料別の市場構成

・PET

・PP

・HDPE

・LDPE

・その他

容器タイプ別の市場構成

・プラスチック

・ガラス

・その他

技術別の市場構成

・射出成形

・圧縮成形

・ポストモールド・タンパーエヴィデント・バンド 

最終用途別の市場構成

・飲料

・工業用化学品 

・食品

・化粧品

・家庭用化学品 

・医薬品

・その他

現在、飲料が最大のセグメントとなっています。

地域別の市場区分

・アジア太平洋 

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ 

現在、アジア太平洋地域が最大の市場であり、世界市場の大半を占めています。

市場の競合状況

世界のプラスチックキャップ・クロージャー市場における主要な企業としては、Berry Global、Amcor、Crown Holdings、Silgan Holdings、RPC Group、Bericap、AptarGroup, Inc、Closure Systems International、Coral Products、O.Berk Company, LLC、United Caps、Caps & Closures Pty Ltd、Caprite Australia Pty. Ltd.、Pano Cap (Canada) Limited、Plastic Closures Limited、Cap & Seal Pvt. Ltd.、Phoenix Closures、Alupac India、Hicap Closures、MJS Packagingなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]