エンドウ豆プロテイン市場、2021年から2026年まで10.6%のCAGRで成長見込み

市場の概要

エンドウ豆プロテイン市場は、2020年に7億400万米ドルの規模に達しました。 今後、2021年から2026年の間に10.6%のCAGRで成長すると予想されています。

エンドウ豆プロテインは、主にイエローピースから得られる高品質のタンパク質源です。アルギニンや分岐鎖アミノ酸などの必須栄養素が豊富に含まれており、味は中性で、パウダー、バー、ミルクなど様々な形態で販売されています。食品業界では、食品添加物、栄養補助食品、乳タンパク質の代替品として幅広く使用されています。鉄分が豊富に含まれており、完全菜食主義の食品で、他のプロテインサプリメントとは異なり、体内で容易に消化され、膨満感もありません。ただし、エンドウ豆やピーナッツにアレルギーのある方は、この製品を摂取することで反応が出る可能性があります。

市場の動向及び成長要因

菜食主義やベジタリアンの増加は、市場成長の主な要因の一つです。赤身の肉の摂取は、いくつかの心臓関連疾患の発症に関連していることから、消費者は肉以外のタンパク質の選択肢を求めるようになっています。エンドウ豆のタンパク質を含む製品は、肉類に代わる理想的なタンパク質源として、このような消費者に好まれています。さらに、エンドウ豆はグルテンや乳製品を含まないため、乳糖不耐症やグルテンアレルギーの方にも適しています。また、健康志向の高い消費者の間で人気を集めている、体重管理やスポーツ栄養のための製品にも欠かせないものとなっています。さらに、可処分所得の増加に伴い、健康・福祉関連の支出が増加していることも、市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界のエンドウ豆プロテイン市場は、製品タイプ、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・分離物 

・濃縮タイプ

・テクスチャー

アプリケーション別の市場構成

・ダイエタリー・サプリメント

・ベーカリー製品

・肉代替品

・飲料

・その他

エンドユーザー別の市場構成

・小売店

・機関投資家

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のエンドウ豆プロテイン市場における主要な企業としては、Axiom Foods, Inc.、Cosucra-Groupe Warcoing、Nutri-Pea Limited、Roquette Freres、Shandong Jianyuan Foods Co.Ltd、Sotexpro SA、The Scoular Company、Naturz Organics、Fenchem、Glanbia Plcなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]