オンライン広告市場、2021年から2026年にかけて力強い成長見込み

市場の概要

オンライン広告市場は、2020年には3,600億米ドルの規模に達しています。オンライン広告とは、インターネットを利用してサービスや製品を宣伝するマーケティング・広告手法の一種です。データを収集し、潜在的な顧客をターゲットにして、プロモーション用のマーケティングメッセージを配信します。電子メール、CRM、マーケティングオートメーション、ウェブ解析など、さまざまなツールや技術を用いてサービスを宣伝します。この広告手法は、小売、ヘルスケア、教育、自動車、銀行、消費者向けパッケージ商品(CPG)、メディア・エンターテイメントなど、さまざまな分野で幅広く利用されています。今後5年間、世界のオンライン広告市場は力強い成長を遂げると予想されています。

市場の動向及び成長要因

オンライン広告は、新聞、雑誌、テレビなどの他のメディアに比べて安価です。企業は、地理的にも人口的にも多様な層に対して、自社の製品やサービスを宣伝することができます。

また、ビッグデータやオンラインでの顧客分析が可能になったことで、オンライン広告は希望する視聴者をターゲットにすることができるようになりました。このことは、インターネットが世界中でますます普及していることと相まって、市場に勢いを与えています。

また、ここ数年、ソーシャルメディアやモバイル機器が人気を博しています。この傾向は、ブランドに革新的でインタラクティブなソーシャルメディア広告への投資を促しています。

現在、いくつかのオンラインスタートアップ企業が、従来の広告から、中小企業が簡単に広告を出すことができるセルフサービス型のプラットフォームへの移行を進めています。これらのオンラインプラットフォームでは、これらの企業がマーケティングスキームをコントロールし、消費者に直接製品を販売することで、費用を最小限に抑えることができます。

主要な市場区分

方法別の市場構成

・検索

・ディスプレイ

・クラシファイド

・ビデオ

・その他(リードジェネレーション、リッチメディアなど)

検索広告は、オンライン販売を促進する効果的なプロモーション方法であるため、市場を支配しています。

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア太平洋地域

・西ヨーロッパ

・東欧

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

北米は最大の市場であり、全体のシェアの大半を占めています。主要なオンライン広告会社のほとんどがこの地域に拠点を置いています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]