オフィス家具市場、2021年から2026年まで4.4%のCAGRで成長見込み

市場の概要

オフィス家具市場は、2020年に710億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に4.4%のCAGRで成長すると予測されています。

オフィス家具は、会議室、個人用ワークステーション、カフェテリア、ラウンジなどの商業・企業スペースでの使用に特化して設計されています。ファイリングキャビネット、シーティングファニチャー、テーブルなどは、これらのスペースの全体的な美観を向上させるのに役立つ重要な家具アイテムの一部です。木材、スチール、ガラス、プラスチックは、これらの製品を製造するために使用される最も人気のある原料です。オフィス家具のスタイルは、組織の従業員のワークスタイルとアウトプットと相関させることができます。現在、オフィス家具の世界市場は、拡大する企業部門、急速に成長する不動産業界、高級家具やデザイナーズ家具に対する需要の高まりなどの要因によって牽引されています。 

市場の動向

ITパークや商業地区の急速な建設による企業オフィスの増加に伴い、世界各地で近代的なオフィス家具の需要が高まっています。さらに、同僚とのコミュニケーションやコラボレーション環境、社会的交流を促進するために、企業は非公式なオフィススペースを設けています。このような変化により、オフィス家具業界のメーカーはインテリジェントなデザインの家具製品を導入するようになっています。さらに、技術の進歩や、従業員の座りっぱなしのライフスタイルによる健康問題の増加を受けて、インターネット接続機能を備え、よりよい姿勢や動作をサポートするスマートワークプレイス家具の需要が高まっています。この要因は、予測期間中、オフィス家具の需要に大きな影響を与えると考えられます。

主要な市場区分

世界のオフィス家具市場は、製品タイプ、素材、流通チャネル、価格帯、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・シーティング 

・システム

・テーブル

・収納ユニット・ファイルキャビネット

・オーバーヘッドビン

・その他

 素材別の市場構成

・木材

・金属

・プラスチック・ファイバー

・ガラス

・その他

流通チャネル別の市場構成

・直販

・専門店

・非専門店

・オンライン

・その他

価格帯別の市場構成

・低価格帯

・中価格帯

・高価格帯

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア・パシフィック

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のオフィス家具市場における主要な企業としては、Steelcase Inc.、岡村製作所、HNI Corporation、Herman Miller Inc.、Haworth Inc.、Knoll Inc.、KOKUYO Co. Ltd., Meridian Office Group, Kimball International, 9to5 Seating, BERCO DESIGNS, Hooker Furnitureなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]