ネオジム・鉄・ホウ素磁石市場、2026年に168,364トン規模到達見込み

市場の概要

ネオジム・鉄・ホウ素(NdFeB)磁石は、希土類磁石の中でも最も強力で安価な磁石です。近年、多くの特性を持つ磁石として注目されています。NdFeB磁石はキュリー温度が低く、酸化しやすいが、磁界強度と磁気安定性が最も高いです。そのため、強力で小型の永久磁石を必要とする電動機や電動工具などに使用されています。2015年から2020年にかけて、ネオジム・鉄・ホウ素磁石市場は緩やかな成長を示しました。急速に拡大している産業用途、ネオジム磁石の代替品が限られていること、温室効果ガスの排出を減らすためにグリーン技術の使用を促進する政府の取り組みなどが、世界のネオジム・鉄・ホウ素磁石市場の安定した成長を促進する要因と考えられます。

ネオジム・鉄・ホウ素磁石市場は、予測期間(2021年~2026年)中に緩やかな成長を示し、2026年には168,364トンの市場規模に達すると予測されています。

主要な市場区分

世界のネオジム・鉄・ホウ素磁石市場は、用途および地域に基づいて分類されています。

用途別では現在、モーター・発電機が最大の分野で、次いでHDD/CD/DVD、輸送、エネルギー生産・貯蔵、トランスデューサ・ドライブ、クラッチ・ブレーキとなっています。

地域別では、中国が生産国としても消費国としてもトップですが、これはネオジムを生産するための原材料を独占しているためです。日本はネオジム磁石の第2の市場であり、ヨーロッパとアメリカがそれに続きます。中国は、主要な原材料を安全かつ経済的に供給できるため、レアアース磁石メーカーのほとんどが中国に拠点を置いています。その他のメーカーはアメリカ、ヨーロッパ、日本にあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]