モバイルマッピング市場、2021年から2026年まで15.7%のCAGRで成長見込み

市場の概要

モバイルマッピング市場は、2020年に234億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に15.7%のCAGRで成長すると予測されています。

モバイルマッピングとは、自動車、ゴルフカート、飛行機、船舶などの移動体を使って地理空間情報を収集するプロセスのことです。モバイルマッピングシステムには、高度な画像システム、計測ツール、慣性計測ユニット(IMU)、慣性航法システム(INS)などが搭載されています。レーダー、カメラ、レーザースキャナー、スピードセンサーなどを使って、身近な環境の視覚化、計測、記録、分析を行います。また、アクセスできない場所を迅速かつ効率的にマッピングするのにも役立ちます。また、精度、生産性、安全性の向上など、多くのメリットがあります。

航空写真測量によるデータ取得には時間がかかるため、いくつかの企業は、建設、資産管理、車両管理、ケーブルネットワークの保守のための地理空間データを収集するために、モバイルマッピングに移行しています。これは、GPSや従来の地上測量などの従来のマッピング手法と比較して、モバイルマッピングが納期を短縮し、低コストであることが理由として挙げられます。さらに、スマートフォンメーカーは、携帯電話に低価格のGPS受信機やモーションセンサーを搭載しており、ユーザーの位置を数メートルの精度で検出することができます。このように、衛星を利用したマッピング技術が急速に進歩し、それがスマートフォンに搭載され、スマートフォンの販売台数が増加していることが、世界のモバイルマッピング市場の成長を後押ししています。また、モバイルアプリケーション開発者の間で、ユーザーフレンドリーなモバイルマッピングアプリケーションの開発に対する関心が高まっていることも、市場の成長を促進しています。

主要な市場区分

世界のモバイルマッピング市場は、コンポーネント、タイプ、アプリケーション、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場構成

・ハードウェア 

・ソフトウェア

・サービス

タイプ別の市場構成

・3Dマッピング

・ライセンス

・屋内マッピング

・位置情報サービス

・位置情報検索

 アプリケーション別の市場構成

・イメージングサービス

・空中モバイルマッピング

・緊急時対応

・インターネットアプリケーション

・施設管理

・衛星

 エンドユーザー別の市場構成

・政府機関

・石油・ガス

・鉱業

・軍事

・その他

 地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のモバイルマッピング市場における主要な企業としては、Google Inc.、Tele Atlas Survey BV、NAVTEQ Corp.、beica Geosystems AG、Trimble Inc.、Topcon Corporation、NovAtel Inc.、Javad GNSS Inc.、Optech LLC、三菱商事、Immersive Media Co.、MapJack、NORC、Cyclomedia Technology B.V.、EveryScape, Inc.などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]