船舶用合板市場、2021年から2026年にかけて8.3%のCAGRで成長見込み

市場の概要

船舶用合板市場は、2020年に91億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は8.3%のCAGRで成長すると予想されています。

船舶用合板は、防水性のある接着剤で作られた良質な広葉樹の合板です。一般的には、ボートや船舶の建造に使用されるほか、合板が水にさらされる可能性のあるその他の用途にも使用されます。以前は、これらの合板の主な用途は、海洋産業に限定されていました。しかし、技術の進歩に伴い、現在ではいくつかの住宅や商業目的にも使用されています。

船舶用合板は、湿度の高い環境でも問題なく使用できます。さらに、一般的な木材とは異なり、水分が多すぎることで生じる曲げや反り、層間剥離にも耐性があります。これにより、船舶用合板の耐久性と、それを使用した建築物の構造強度が保証されます。船舶用合板は、多くの場合、複数の面材と芯材で構成されており、シート間の隙間を小さくするように工夫されています。これにより、水の浸入を防ぐことができます。シートは強度と耐久性のために接着され、WBP(Water and Boil Proof)接着剤を塗布することで耐湿性が向上します。

海洋産業では、ストリンガー、フロア、トランサム、ボートのキャビネット、壁、座席などの製造に船舶用合板が使用されており、今後数年間、船舶用合板業界を牽引すると予想されています。また、住宅の屋上やドアなど、他の用途でも船舶用合板の人気が高まっており、需要の拡大が見込まれています。

主要な市場区分

世界の船舶用合板市場は、用途及び地域に基づいて分類されています。

用途別の市場構成

海洋用途

・デッキ

・ドック

・ボート

・その他

非海洋用途

地域別の市場区分

・アジア太平洋

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]