実験用ガラス器具・プラスチック器具市場、2026年に72億2,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

実験用ガラス器具・プラスチック器具は、ビーカー、ビュレット、ファンネル、コンデンサー、ピペット、ボトルなどの科学研究用の器具を指します。実験用ガラス器具はホウケイ酸ガラスでできており、プラスチック器具はさまざまな種類のプラスチック材料でできた器具のセットを指します。プラスチック製品は柔軟性があり扱いやすいのに対し、ガラス製品はその脆さにもかかわらず、活発な反応や化学物質の加熱に最適です。2015年から2020年にかけて、実験用ガラス器具・プラスチック器具市場は緩やかな成長を示しました。

病院や法医学研究所での臨床用途や、医薬・創薬、獣医学、農業の分野での研究用にガラス器具やプラスチック器具の用途が増えていることが、市場成長の主な要因になると予想されます。また、慢性疾患の増加に伴い、新薬の開発が進んでいることも、実験用ガラス器具・プラスチック器具市場に拍車をかけています。さらに、ワクチン開発、病気の研究、幹細胞の研究など、生物学やバイオテクノロジーの研究が急増していることも、実験用ガラス器具・プラスチック器具市場を押し上げる要因になると予想されます。世界の実験用ガラス器具・プラスチック器具市場は、予測期間(2021年~2026年)中に緩やかな成長を示し、2026年には72億2,000万米ドルの規模に達すると予測されています。

主要な市場区分

製品タイプに基づいて、市場は実験用ガラス器具と実験用プラスチック器具に分類されています。現在、実験用ガラス器具が最も普及している製品タイプで、世界市場の大部分を占めています。実験用ガラス器具市場は、さらに試験管、ガラスビーカー、ガラスフラスコ、ピペット、ビュレットに分類されており、試験管が市場シェアの大半を占めています。一方、実験用プラスチック器具は、ストレージボックス、プラスチックフラスコ、プラスチックビーカー、計量シリンダー、ファンネルに分けられます。これらの中では、ストレージボックスが最も人気のある製品タイプとなっています。

エンドユーザー別では、研究機関や学術機関が最大のシェアを占めています。その他の主なセグメントには、病院や診断センター、バイオテクノロジー産業や製薬、受託研究機関、食品・飲料産業などがあります。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカに分類されています。

市場の競合状況

世界の実験用ガラス器具・プラスチック器具市場における主要な企業としては、コーニング社、デュラン・グループ、ゲレスハイマー社、ザルトリウス社、サーモフィッシャーサイエンティフィック社、メトラー・トレド・インターナショナル社、エッペンドルフ社、ベルコ・グラス社、クリスタルジェン社、テクノスクロ社などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]