ラボラトリーオートメーション市場、2021年から2026年にかけて緩やかな成長見込み

市場の概要

ラボラトリーオートメーション市場は、2020年には52億1,000万米ドルの規模に達しています。ラボラトリーオートメーションは、人の介入を最小限に抑え、ラボラトリーの効率を向上させるあらゆるデバイス、ソフトウェア、プロセスと広義に定義することができます。ラボラトリーオートメーションには、ロボット、コンベア、ソフトウェア、マシンビジョンなどの使用が含まれます。今後5年間、ラボラトリーオートメーション市場は緩やかな成長を遂げると予想されています。

ラボラトリーオートメーションは、時間の節約、コストの削減、ヒューマンエラーの排除、実験の効率化に大きな役割を果たしています。その結果、自動化は「あったらいいな」を通り越して、現代の実験室では「なくてはならないもの」となっています。今日の研究室チームは、効率を高め、業務の長期的価値を向上させる方法を絶えず探しています。組織は現在、ラボラトリーオートメーションソリューションを採用して、業務を強化し、検査プロセスの効率を最大化しています。

市場の動向及び成長要因

ラボラトリーオートメーションは、ラボラトリーの結果の精度を最大限に高め、ヒューマンエラーを最小限に抑えることで、作業を効率的に完了させる上で大きな役割を果たしています。また、ラボラトリーはレポートを迅速に提供することができ、実用的なデータを短時間で確認することができます。

自動化によって、ラボラトリーはマニュアル作業を減らすことができます。自動化ソリューションは、そうでなければ膨大な量の手動作業を必要とする多くのテストプロセスを完了することができます。人件費はラボラトリーの総コストのかなりの部分を占めています。さらに、自動化システムはラボラトリーの生産性を向上させ、無駄に起因するコストの増加を抑えることができます。

また、自動化システムの適用により、創薬プロセスの生産性が大幅に向上しました。これらのシステムは、最小限の監視と指示で長時間の操作が可能です。また、研究者は本来の仕事に集中することができ、反復的な作業にかかる時間を減らすことができます。

自動テストソリューションは、データを保護し、研究チームが簡単に利用できるようにするための理想的な方法です。また、これらのシステムは、サンプルに起こったすべてのことを追跡し、その履歴を見ることができるため、研究チームの生産性を向上させます。

主要な市場区分

ラボラトリーオートメーション市場はタイプ別に、モジュール式自動化とラボ全体の自動化に分かれています。現在、モジュール式自動化がこの市場を支配しています。

また、機器/ソフトウェアのタイプ別では、自動化された臨床検査システムと自動化された創薬検査システムに分類されています。現在は、自動化された臨床検査システムが大きな割合を占めています。自動化された臨床検査システムは、自動ワークステーション、LIMS、サンプル輸送システム、検体処理システム、ストレージ検索システムに分類されています。同様に、自動化された創薬検査システムは、自動プレートリーダー、リキッドハンドリングシステム、LIMS、ロボット、ストレージ検索システム、溶出試験システムなどに分類されています。

エンドユーザー別では、バイオ・製薬企業、病院・診断ラボ、研究・学術機関に分類されています。

地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカに分類されています。その中でも、北米は最大の市場となっています。

市場の競合状況

世界のラボラトリーオートメーション市場における主要な企業としては、Danaher、PerkinElmer、Tecan Group、Thermo Fisher、Abbott Diagnostics、Agilent Technologies、Aurora Biomed、Becton Dickinson、BioMérieux、Biotek Instruments、Brooks Automation、Cerner、Eppendorf、Hamilton Storage Technologies、LabVantage Solutions、Labware、Olympus、Qiagen、Roche Holding、Siemens Healthcareなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]