キッチンタオル市場、2026年に209億米ドル規模到達見込み

市場の概要

キッチンタオル市場は、2015年から2020年にかけて緩やかな成長を示しました。 キッチンタオルは、手を乾かしたり、キッチンを清潔に保ったり、食器や包丁、まな板などのキッチン用品を拭いたりするなど、幅広い用途に使用される多機能な製品です。主に綿を使用して製造されており、直接触れることで水分を引き出したり吸収したりして、繰り返しの使用や洗濯に耐えることができます。この他にも、皿、ボウル、食器など、提供中の熱い道具を保持するために使用されます。現在、消費者の好みに合わせて様々な種類のものが販売されています。

急速な都市化、一人当たりの所得の増加、生活水準の向上に伴い、世界中の消費者がキッチンタオルなどのホームケア製品にお金をかけるようになり、それが市場の成長を促しています。これとは別に、メーカーは既存の製品ポートフォリオを拡大するために、手編みやかぎ針編みのタオルを大量に発売しています。また、TAD(Through Air Dried)などの先端技術を活用して、よりソフトで吸水性の高いキッチンタオルを生産しています。これらのタオルは、主に従来のライトドライクレープ(LDC)技術で製造されています。これに加えて、折り紙不織布のキッチンタオルは、簡単に洗濯でき、濡れた表面を効率的に掃除できることから、消費者の間で人気を集めています。世界のキッチンタオル市場は、予測期間(2021年~2026年)中に緩やかな成長を示し、2026年には209億米ドルに達すると予測されています。

主要な市場区分

製品タイプ別の市場構成

・布製

・紙製

現在は、布製のキッチンタオルが最も好まれています。

最終用途産業別の市場構成

・業務用

・家庭用

業務用が圧倒的なシェアを占めています。

流通チャネル別の市場構成

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・専門店

・オンラインストア

・その他

スーパーマーケット・ハイパーマーケットが市場の大半を占めています。

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、北米が市場でトップの地位を占めています。

市場の競合状況

世界のキッチンタオル市場における主要な企業は以下の通りです。

・キンバリークラークコーポレーション

・コークインダストリーズインク

・プロクターアンドギャンブルコーポレーション

・Wausau Paper Corp. (Tork US)

・Accrol Group Holdings Plc

・アルダールティッシュリミテッド

・Renova FPA SA

・Rodriquez Pty. Ltd.

・タオルデポ(株)

・WEPAプロフェッショナルGmbH

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]