ジュートバッグ市場、2021年から2026年にかけて9.06%のCAGRで成長見込み

市場の概要

ジュートバッグ市場は、2020年に20億7,000万米ドルの規模に達しました。 今後、2021年から2026年の間に市場は9.06%のCAGRで成長すると予想されています。

ジュートは、白ジュート植物またはトサージュート植物の樹皮から得られる天然繊維です。ジュートは、その黄金色の絹のような光沢から黄金繊維とも呼ばれ、包装材や繊維製品の製造に広く使用されています。包装材としてのジュートは、断熱性が高く、熱伝導率が低く、適度な保湿性があるなどの利点があります。そのため、ジュートバッグはバルク商品の包装材として、またショッピングバッグやギフトバッグとしても使用されています。  

市場の動向

ジュートバッグ業界は、現在、初期段階にあり、成長が期待できる状況にあります。ジュートバッグの需要は、ここ数年、特に欧州連合で急増しています。これは、同地域で環境意識が高まっていることが要因と考えられます。また、プラスチック製の包装材や袋の使用が禁止されたことにより、非生産国におけるジュートバッグの輸入が促進されています。さらに、生分解性、耐久性、低コスト、高強度などのジュートバッグの利点が、市場の成長をさらに後押ししています。 

主要な市場区分

世界のジュートバッグ市場は、製品タイプ、最終用途、価格、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場構成

・ジュートサックバッグ

・ジュート製ショッピングバッグ 

現在、ジュートサックバッグが市場を支配しており、販売量の大半を占めています。

最終用途別の市場構成

・小売

・機関投資家 

現在、市場では小売分野が明らかに優位に立っています。

価格別の市場構成

・プレミアム

・マス 

価格別では、プレミアムジュートバッグが市場の大半を占め、次いでマスジュートバッグとなっています。

地域別の市場区分

・インド

・バングラデシュ

・中国

・その他

地域別では、インドがシェアの大半を占めており、ジュートバッグの主要生産国となっています。

市場の競合状況

世界のジュートバッグ市場における主要な企業は以下の通りです。

・Aarbur

・アショカ・エキスポート

・Hitaishi-KK

・Howrah Mills Co. Ltd.

・シュリー・ジー・インターナショナル・インディア・リミテッド 

・グロスター社

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]